湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

松葉浴場|百合ヶ丘|ラドンサウナとご褒美水風呂|湯活レポート(銭湯編)vol672

f:id:kenichirouk:20210722102311j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20210722103348p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/7/21

 

この日は神奈川方面へ出掛けついでに「松葉浴場」さんへ行って参りました。
松葉浴場さんへは、小田急線 百合ヶ丘駅南口より小田急線沿いに左手方向へ。

f:id:kenichirouk:20210722103450j:plain

下の写真の東京ガスライフバルの先の路地を右折。

f:id:kenichirouk:20210722103952j:plain

この辺りは多摩丘陵が近いせいかアップダウンが激しく、道も緩やかに蛇行していますが、下の写真の下りから上りに変わる手前の交差点を右折。

f:id:kenichirouk:20210722104040j:plain

右手に百合ヶ丘第3公園を通り過ぎたら間もなくです。

f:id:kenichirouk:20210722104701j:plain

駅から徒歩10分程、居酒屋の角を左折した緩い上りの先に松葉浴場さん発見!

f:id:kenichirouk:20210722105250j:plain

中へお邪魔し、券売機でサウナ付き入浴券を購入。

f:id:kenichirouk:20210722105915j:plain

ロビー正面には南国ビーチのグラフィックが飾られています。
それでは受付を済ませて、いざ浴室へ参りましょう。

f:id:kenichirouk:20210722110539j:plain

脱衣場では宙を舞う大きな鶴のレリーフが入浴客をお出迎え。
準備を済ませ浴室に入ると、仕切り側壁側と正面に初めてお目に掛かる牧草地帯に放し飼いにされた放牧牛のタイル絵。こちらまで何だか長閑な気分になっちゃいますw

f:id:kenichirouk:20210722112809j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
内湯は手前が強弱の電気風呂、奥がラドン浴槽で、円型浴槽、座風呂、深湯の熱湯、寝風呂と連なっています。熱湯と言っても42~3℃ですので、ゆったり浸かれます。

f:id:kenichirouk:20210722112924j:plain

内湯で軽く温まったところで、露天風呂へ移動。
こちらは軟水の沸かし湯が注がれていて、奥には打たせ湯もあります。
打たせ湯のドドドドッという音がさながら滝のようで、野湯気分満喫。

f:id:kenichirouk:20210623185538j:plain

 

内湯と露天でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
松葉浴場さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは92℃。
ラドンサウナと銘打たれていますが、他にも森林浴発生装置が付いており、微かに森の香りが漂う、こだわりの贅沢サウナで心地よく発汗します。
発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温20℃ですが、この水風呂が凄い!
足を入れた瞬間、化粧水の中に浸かるような滑らかさにまずビックリ‼
横の説明書きには「地下102米からの富士山水系の井戸水を使用」との事。飲料水と書かれた蛇口から天然のミネラルウォーターがザアザア掛け流されており、浴槽内に緩やかな流れがありますが、まるで絹の羽衣がひたひたと押し寄せてくるような心地よさ! 水風呂内でととのう事間違いナシのご褒美水風呂です。
ご褒美水風呂でクールダウンした後は、露天風呂の縁石に腰掛けての外気浴。
この日は以下2セット楽しませて頂きました。

・ラドンサウナ7分⇒ご褒美水風呂2分⇒露天外気浴3分
・ラドンサウナ10分⇒ご褒美水風呂2分⇒露天外気浴5分

仕上げは露天で軟水仕様の天然井戸水の沸かし湯で再度温まり、シャワーブースでも熱めの軟水シャワーを浴びて、軽く流してから上がりました。

 

湯上り後、玄関に創業の昭和36年から今年で60周年とのご挨拶が貼ってありました。
ご主人さんの素朴な手書きですが、温かさが伝わってこちらも幸せな気分に。
60周年おめでとうございます。これからも地域の皆様と銭湯ファンをこちらこそよろしくお願いしますとの気持ちを込めて、「良いお湯でした」と挨拶して松葉浴場さんを後にしました。

f:id:kenichirouk:20210722111159j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
川崎方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、神奈川県浴場組合Webサイトより拝借しております。