湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

見晴湯|熊谷銭湯散歩①|湯活レポート(銭湯編)vol591

f:id:kenichirouk:20210505053839j:plain

www.saiyoku.jp

f:id:kenichirouk:20210504123131p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/5/4

 

この日は熊谷銭湯散歩で1湯目に「見晴(みはらし)湯」さんへ行って参りました。
見晴湯さんへは、JR熊谷駅南口を出て、ロータリー正面の通りを直進。

f:id:kenichirouk:20210505060717j:plain

その先、熊谷駅南口交差点を右折。

f:id:kenichirouk:20210505060945j:plain

こちらの大通りを右折し、すぐ一つ目を左折。

f:id:kenichirouk:20210505061248j:plain

駅から徒歩20分程で通りの右手に見晴湯さんが見えて来ます。
建屋の裏手からは見晴湯さんの煙突も見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20210505061408j:plain

暖簾はどこかなと見ていたら玄関の奥の壁に貼ってありましたw
それでは右手男湯入口からお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20210505073626j:plain

 

中はレトロな番台式。準備を済ませたらいざ浴室へ。
浴室正面はナカジマと雅号が書かれた銭湯絵師 中島盛夫氏の富士山のペンキ絵。
湯気抜きの高窓が鋼製のトラス張りで耐震補強されています。

f:id:kenichirouk:20210504124226j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は右手が超音波マッサージ器付きの浅湯、左手が深湯。
朝湯で軽く温まり、深湯に移動してゆったり浸かっていると、お湯が柔らかく全身をソフトに包み込んで大変心地よい浴感。ご主人に伺うと天然の井戸水を沸かしているとの事。

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
見晴湯さんのサウナはスチームサウナで、この日のコンディションは50℃。
座面の足元から熱々スチームが立ち上って来る仕様で、温められた水蒸気は上へ上へと上がって来る為、全身が効率よく温まります。この日は時期的な事も有り、この後の予定もある為、12分1本勝負でしっかり温まりました。
発汗後はサウナ室前のシャワーブースで頭から冷水シャワーを浴びクールダウン。

 

仕上げは深湯に肩まで浸かって井戸水沸かし湯の心地よい感触を楽しみながら、再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
熊谷方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、埼玉県浴場組合Webサイトより拝借しております。
※この後は熊谷銭湯散歩②「桜湯」さんへTo be continued♪