湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

末広湯|上福岡銭湯散歩①|ラドン銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol589

f:id:kenichirouk:20210414204139j:plain

suehiroyu.net

f:id:kenichirouk:20210410112025p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/4/14

 

この日は上福岡銭湯散歩で1湯目に「末広湯」さんへ行って参りました。
末広湯さんの最寄は東武東上線 上福岡駅。
東口右側の階段を下り、そのまま直進し東武東上線沿いに道なりに進みます。

f:id:kenichirouk:20210414204347j:plain

通りの突き当りで左折。

f:id:kenichirouk:20210414205043j:plain

暫く進むと駅から徒歩7分程で末広湯さんの煙突と看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210415100918j:plain

それでは牛乳石鹸の暖簾を潜り、中へお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20210415101311j:plain

この時、丁度、牛乳石鹸さんがキャンペーンをやっていらっしゃいました。
ついでなんで、期間中牛乳石鹸の暖簾に巡りあったら乗っかる事としますw

https://www.cow-soap.co.jp/norencp21/

入口券売機で入浴券を購入するスタイル。紙幣は1,000円札のみなので、ご注意を。

f:id:kenichirouk:20210415101759j:plain

玄関の脇には末広湯さんのシンボル「ラドン発生装置」も鎮座しています。

f:id:kenichirouk:20210415102007j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
正面右手は熱い風呂と書かれており、右端がジェットバス、センターが珍しいバイブラ付きの人間洗濯機。
湯温は43℃程ですので、ビックリする程熱い訳では無いのでご安心ください。親切にカランには「熱い場合は水を足してください」と記載されています。
左手のガラスで仕切られた方はラドン風呂。ぬるめと書いてありますが、湯温は41℃程と特段ぬるい訳ではありませんが、安心して浸かれる湯加減です。ラドンが放出する微弱アルファ線が、体内にイオン効果をもたらし、血中老廃物の分解、排出等に効果があると書かれています。所説ありますので、真意の程は分かりませんが、ラドン風呂特有の森林のようなアロマが漂い、間違いなく心地よい浴感です。ラドンは経皮吸収より呼気から効率よく取り込まれるそうですので、スーハ―スーハ―深呼吸しながら、じっくり温まります。信ずる者は救われる!(笑)
※通常ラドン浴室が個室に区切られているのは呼気吸入の為、ラドンガスを逃がさない配慮です。

f:id:kenichirouk:20210410112602j:plain

 

ラドン風呂でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
末広湯さんのサウナはラドン温泉のスチームを使ったバイタル熱気浴で、この日のコンディションは50℃。こちらでも勿論、深呼吸。ラドン、ラヂウム、北投石、バドガシュタイン等、放射能泉の効能を謳ったお風呂やサウナでは基本は深呼吸しながら。「スーハ―、スーハ―」と覚えておいてください。
発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらは水温20℃。
地下100mから汲み上げた天然井戸水は飲用可能との事で、かけ流しのミネラルウォーター水風呂が気持ちよくない訳がなく、心地よくクールダウン。

仕上げはラドン風呂で深呼吸しながら再度体の芯まで温まり、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
上福岡方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、埼玉県浴場組合Webサイトより拝借しております。
※この後は、上福岡銭湯散歩②「翁湯」さんへTo be continued♪