湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

富士見湯|藤沢|軟水銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol584

f:id:kenichirouk:20210726070247j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20210722170033p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/7/25

 

この日は藤沢方面へ足を伸ばし「富士見湯」さんへ行って参りました。
冨士見湯さんの最寄駅はJR東海道線 藤沢駅。
天井には湯気抜き窓のような明かり取りの天窓。
湘南に群がる魚たちの看板がココが既に湘南エリアなのだと気づかせてくれます。

f:id:kenichirouk:20210726071012j:plain

改札を抜けたら、北口方面へ進み左手のスロープを下ります。

f:id:kenichirouk:20210726070536j:plain

スロープの先、駅前のさいか屋デパート横の通りへ。

f:id:kenichirouk:20210726071407j:plain

道なりに進むと銀座通りと合流し、そのまま直進します。

f:id:kenichirouk:20210726071643j:plain

この辺りは昔芝居小屋が立ち並んでいたのでしょうか。
通りの左右には昔の劇場コーナーの紹介が掲示されています。

f:id:kenichirouk:20210726071914j:plain

南仲郵便局前交差点を通過したら間もなく、左手に富士見湯さんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210726072052j:plain

駅から徒歩7~8分程で富士見湯さん到着。
一都三県でも屈指の大きなビルイン銭湯で入口は1Fです。

f:id:kenichirouk:20210726072804j:plain

 

それではフロントで受付を済ませて浴室へ参ります。
浴室正面には花の咲き乱れる丘の上に古城、背景には空と海の極彩色のタイル絵。
男女浴室仕切り壁にも2幅の洋風の山河のタイル絵が描かれています。

f:id:kenichirouk:20210722170419j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は仕切り壁側に一列に並んでおり、奥からハイパージェット、ボディマッサージ、浅湯、寝湯、超音波座風呂のラインナップ。
水流系を順に湯巡りし、浅湯でじっくり温まらせて頂きます。

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
富士見湯さんのサウナは遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは92℃。
現在3名定員制のこじんまりしたサウナですが、木の薫りが素晴らしくコンパクトな故に熱をダイレクトに感じられるナイスコンディション。
発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温17.6℃。
富士見湯さんではALL軟水を使用していますが、この水風呂が最もツルスベ感を感じられます。この時期は行水気分で、ホント水風呂が気持ち良いですね。
クールダウン後はサウナ室前に設けられたベンチで休憩。この導線最高です!
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは浅湯でゆったり寛ぎ、シャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
藤沢方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、神奈川県浴場組合Webサイトより拝借しております。