湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

大六天湯|本木新道|湯活レポート(銭湯編)vol573

f:id:kenichirouk:20201016120200j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201008120917p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/15

 

この日は西新井方面へ足を伸ばし「大六天湯」さんへ。
大六天湯さんへは、東武大師線 大師駅南口前1番バス乗場より北千住駅方面乗車。

f:id:kenichirouk:20201016120249j:plain

最寄りの本木新道バス停下車。

f:id:kenichirouk:20201016120330j:plain

西新井大師からですと、バス進行方向へ進み、下の写真の路地を右折。

f:id:kenichirouk:20201016120539j:plain

暫く進むと右手に大六天湯さんの煙突がチラチラ見え隠れ。
バス停から徒歩4~5分で大六天湯さん。裏手の中華店の脇からは大六天湯さんの煙突の全景を見る事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20201016120730j:plain

その横手には大六天湯さんの屋号の由来となった大六天胡禄神社があります。

f:id:kenichirouk:20201016121054j:plain

それでは右手が男湯、左手が女湯の振分入口から中へお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20201016121217j:plain

 

浴室正面には、白鳥の湖に赤い屋根の民家が見える洋風のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20201016121507j:plain

まずは沐浴で全身お清めしてから、お風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20201016122441p:plain

まずはジェット座風呂、バイブラバスで軽く凝りをほぐし、お隣の薬湯へ。
この日は白濁りの温泉風の靄の湯。こちらで芸術的タイルを眺めながらじっくり体の芯まで温まり、最後に軽くシャワーで流して上がりました。

 

大六天湯さんにはバイタル熱気浴もありましたが、現在はコロナ禍で休止中との事。また再開後にお邪魔してみたいと思います。

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。