湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

稲垣浴泉|中板橋|湯活レポート(銭湯編)vol564

f:id:kenichirouk:20210116173856j:plain

1010itabashi.or.jp

f:id:kenichirouk:20201228170115p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/1/16

 

この日は自宅からチャリ銭で「稲垣浴泉」さんへ行って参りました。
我が家からはチャリ銭ですが、電車で来られる方の為のアクセスもUPしておきます。
稲垣浴泉さんへは、最寄りの東武東上線 中板橋北口を出て、駅前通りを左手へ。

f:id:kenichirouk:20201228171401j:plain

突き当りの駐車場側からは稲垣浴泉さんの「ゆ」文字の看板が見えます。
東武東上線のホームからはもう少しよく見えるかもしれませんね。

f:id:kenichirouk:20201228171539j:plain

その先道なりに進み、なかいた商店街を左折すると程なく稲垣浴泉さんの看板発見!

f:id:kenichirouk:20201228172232j:plain

駅からでしたら、徒歩1~2分程です。

f:id:kenichirouk:20210116174058j:plain

中に入ると、この日は色々整理されていらっしゃるようで、広いロビーに物品が山積みになっていました。お邪魔にならないよう、受付を済ませ早速浴室へ参ります。

 

男女浴室仕切り壁にはアルプスに囲まれた湖のタイル絵。
その麓に浴室サイドに配置された浴槽が並び、浴室奥の天井が一段高くなって湯気抜き窓があるという、かなり珍しいレイアウトです。

f:id:kenichirouk:20210116174357j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は奥側より広い浅湯、ジェット付き座湯、手前が深湯となっています。
稲垣浴泉さんのお湯は空気の熱を使って沸かすヒートポンプ式のお湯。43℃と少し熱めの湯温ですが、熱ムラがなく柔らかい湯触りで、いつまでも浸かっていられます。

f:id:kenichirouk:20210116174626j:plain

深湯に肩まで浸かって体の芯まで温まり、熱めのシャワーで流して上がりました。

ちなみに店舗紹介ページによると女湯は湖の畔に古城が佇むタイル絵だそうです。
こちらのタイル絵も山並みの紅葉等、色遣いが綺麗で美しいですね。

f:id:kenichirouk:20210116175709j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。


ちなみに稲垣浴泉さんには、サウナや薬湯があったようですが、サウナは休止中、薬湯は故障中となっていました。入口に「機械の劣化で営業を中止する場合があります」の貼り紙があり、予告無く無期限休業に入る可能性があるように感じました。お湯が良いだけに、お遍路や未訪の方は、早めにお試しされる事をおススメします。

※浴室内は撮影不可の為、板橋区公衆浴場組合Webサイト、他より拝借しております。