湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

閉店銭湯|入間湯|武蔵小山|湯活レポート(銭湯編)vol528

f:id:kenichirouk:20201111121019j:plain

【所在地】東京都目黒区目黒本町3-9-7

Google マップ

【入浴日】2020/11/9
【閉店日】2021/10/10

 

この日は目黒方面へ足を伸ばし「入間湯」さんへお邪魔しました。
最寄りの東急目黒線 武蔵小山駅を降りると、改札を出たところにある周辺地図に入間湯さんの表示が出ていましたので、こちらを頼りに行ってみます。

f:id:kenichirouk:20201111121755j:plain

まずは小山台高校脇の武蔵小山西口商店街へ。

f:id:kenichirouk:20201111122958j:plain

こちらの突き当りの一本右手の路地を直進。

f:id:kenichirouk:20201111123237j:plain

平和通りを渡って、右手正面の路地を更に直進。

f:id:kenichirouk:20201111123337j:plain

その路地の突き当り、駅から徒歩5分程で入間湯さん。

f:id:kenichirouk:20201111123431j:plain

中に入ると鮮やかなアクリルカラーの下足箱と絵画が入浴客をお出迎え。

f:id:kenichirouk:20201111123503j:plain

ロビー内にも金屏風の絵と峻険な山を描いた絵画が飾られています。

f:id:kenichirouk:20201111123632j:plain

ロビーから浴室方向を見上げると六芒星の梁が見えました。

f:id:kenichirouk:20201111123802j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
シンプルな白基調の浴室正面には鶴の舞うタイル絵。
外壁側は下足箱同様一面カラフルなステンドグラスで、この日は夜の訪問でしたが、こちらには昼間一度来てみたいと思いました。

f:id:kenichirouk:20201111124012j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
全てが繋がった一風変わったスタイルの浴槽。奥左手がドリームバス、右手がジェット座風呂。手前左手はバイブラ付き浅湯で。手前右手は江戸前熱湯の深湯。順に湯巡りし、江戸前熱湯の深湯に肩まで浸かりじっくり温まります。湯温は43~44℃ですが、浅湯側の浴槽内に湯の注がれる口があり、そこからは45℃以上の熱々のお湯が浴槽に注がれている為、近づくと!?‼となる事うけあいですw

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
入間湯さんのサウナはスチームサウナ。座面からお湯が流れ蒸気に満たされた静寂の空間で静かに発汗するひとときを楽しみます。
しっかり蒸されたら、立ちシャワーで冷水シャワーを浴びて暫し休憩。
仕上げは再度、深湯の江戸前熱湯で温まり、冷水シャワーを浴びて上がりました。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
その入間湯さんの閉店が聞こえて来たのは、9月も後半に入ってから。
フロント脇に控えめに閉店のお知らせが貼り出されたそうです。

f:id:kenichirouk:20210926090329j:plain

残り1週間ほどですが、お別れ入湯される際はお気をつけてお出かけ下さい。

※浴室内は撮影不可の為、目黒区浴場組合Webサイトより拝借しております。
※コチラはその他の武蔵小山銭湯の入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com