湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

明美湯|梅島|二股カルシウム温泉銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol504

f:id:kenichirouk:20201008074153j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201008121353p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/7

 

この日は梅島方面へ出掛け、「明美湯」さんへ立ち寄り湯。
明美湯さんへは、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)梅島駅下車、正面の道路を梅田1~8丁目、関原2・3丁目方面へ。

f:id:kenichirouk:20201008074317j:plain

コチラの路地を右折し、その先行き止まり一つ手前の路地を左折。

f:id:kenichirouk:20201008074821j:plain

亀田トレイン通りを抜けて環七南通りを渡り、そのまま正面の路地へ。

f:id:kenichirouk:20201008080506j:plain

梅田5丁目を抜け、梅田4丁目に差し掛かったところで、こちらの信号を右折。

f:id:kenichirouk:20201008080626j:plain

駅から徒歩15分弱で明美湯さんの煙突と外観が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201008080812j:plain

中に入ると琉球畳風の床に赤いソファが映えるロビー。

f:id:kenichirouk:20201008080906j:plain

ロビーの一角には、二股温泉原石タンクが展示してあります。都内銭湯には北海道長万部の二股カルシウム温泉の湯の花を用いた人工温泉銭湯が幾つかありますが、原石タンクを展示公開してあるのは、明美湯さんだけかも知れません。

f:id:kenichirouk:20201008081230j:plain

コチラは二股カルシウム温泉の効能書き。とにかく保温効果が高そうです。

f:id:kenichirouk:20210528113803j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
脱衣場天井は見事な折り上げ格天井。BGMには懐メロ歌謡が流れています。

f:id:kenichirouk:20201006145704j:plain

浴室に入ると正面には伸びやかなタッチの霊峰富士のペンキ絵。男女浴室仕切り壁はなまこ壁、壁上は屋根瓦と純和風のしつらえになっています。

f:id:kenichirouk:20201006145719j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
明美湯さんはWebサイト等にも浴槽写真はございません為、ここからは私の拙い図解とレポートで紹介して参りますので、おつきあい下さいませ。

f:id:kenichirouk:20201008095537p:plain

メインバスは白湯と座風呂、寝風呂ですが、ジェット機能は故障で停止しています。
ひとしきり体が温まったところで二股温泉に移動します。薄い白濁りのお湯には二股カルシウム温泉原石の湯の花が溶けだしており、良く温まります。

 

体も十分温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
明美湯さんのサウナはバイタル熱気浴でこの日のコンディションは45℃。
温度が低めの為、その分ゆっくり入ってじっくり発汗。
発汗後はサウナ室前の水風呂は20℃で爽快にクールダウンしたところで、男湯だけの特権、プール(女湯の皆さん申し訳ないッ!←昼のセント酒風w)へザブンと飛び込み、暫し無重力状態でプカプカ冷冷交互浴を楽しみます。

f:id:kenichirouk:20201006145735j:plain

仕上げは再び二股温泉に潜り込んでじっくり体の芯まで温まってから、最後に熱めのシャワーでサッと流して上がりました。

 

湯上り後は汗が引くまで脱衣場で懐メロ歌謡を聴きながら暫し休憩。


中森明菜 セカンド・ラブ


【伝説の紅白】サザンオールスターズ「チャコの海岸物語」


ふたりの愛ランド

 

私は私なりに現状にフィットして湯活を楽しませて頂きましたが、おかみさんにお話をお伺いしたところ、座風呂や寝風呂のジェットも、薬湯も配管がダメになって再開の見通しが立たず、カランのお湯が一部出ないトラブルがあったり、年季が入って味が出る部分もあれば、設備的には難しくなる部分もあり、銭湯経営もなかなか大変だなと改めて認識させられました。ご無理は申しませんが、地域のご常連様の為にも出来る限り続けて頂きたいなと思います。


本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。