湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

竹の湯|江戸川橋|都内屈指の灼熱サウナ|湯活レポート(銭湯編)vol499

f:id:kenichirouk:20210106193218j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20210106193722p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/1/6

 

この日は新宿区方面へ足を伸ばし「竹の湯」さんへ向かいました。
竹の湯さんへは、東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅4番出口より目白通りを右手へ。

f:id:kenichirouk:20210106193936j:plain

歩道橋が見えて来たら、一本目の路地を右折。

f:id:kenichirouk:20210106194123j:plain

突き当りを左折すると、新宿改代町郵便局の隣に竹の湯さんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210106194146j:plain

表からは分かりませんが、裏手路地からは銭湯のシンボル煙突も見られますよ。

f:id:kenichirouk:20210106194427j:plain

中へお邪魔すると、アレ?フロントに誰も居らっしゃらない。。。
入浴客が2~3人と集まり、「すみませ~ん」と中に呼び掛けるも返事なし。待つ事2~3分、表から「ごめん、ごめ~ん」とご主人が入って来られました。銭湯って、時間帯によってはワンオペの店舗も多く、受付の合間にボイラーの様子を見に行ったり、色々とお忙しいのだと思います。何はともあれ無事受付完了!

f:id:kenichirouk:20210106194514j:plain

 

それでは受付も済んだところで浴室へ参ります。
浴室正面は雪山のタイル絵。もうもうと湯けむりが立ち込め何やら幻想的な光景。

f:id:kenichirouk:20210103111122j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
お風呂は右手からショルダーマッサージ、バイブラバス、深湯、ジェットマッサージ座風呂、ボディーマッサージ。浴槽全体が薬湯で、この日はバスブレンドラベンダー。順繰り湯巡りし、バスブレンドラベンダーの心地よい浴感を全身で味わいます。

 

しっかり温まってきたところで、サウナ室へもお邪魔します。
まずはスチームサウナから、竹の湯さんのスチームサウナは森林浴ミストと熱気浴のハイブリッドサウナでこの日のコンディションは40℃。1分おきにツインのオーバーヘッドシャワーから30~40秒熱湯がスチーマーの中で炸裂し、高温蒸気が発生するパワフルな仕様。温度計以上に熱気が感じられます。

十分発汗したら、広くザバザバ新鮮な水が掛け流されている水風呂へ。
水温は17℃程で、肌触りが滑らかで心地良い浴感が楽しめます。
クールダウン後は水風呂脇に腰掛けゾーンがあり、こちらでリラックス。

2セット目は脱衣場の左手奥にあるドライサウナへ移動。竹の湯さんのドライサウナは5~6人入ると一杯になる位のコンパクトなサウナにオーバースペック気味のロッキーサウナが鎮座し、サウナストーンが山積みになっています。室温は何と銭湯サウナでは都内屈指の124℃‼ 焼かれるというのは、竹の湯サウナの為にあるのではと思わせる程。しかし自律神経が体温を下げようと一旦発汗し始めると、熱さと汗の蒸散効果が拮抗し、心地よい浴感に。しかしそれも束の間、やがて熱さのピークに!

この日は水風呂との往復含め以下3セット。
・パワフルスチームサウナ10分⇒水風呂1分⇒休憩3分
・灼熱ロッキーサウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・灼熱ロッキーサウナ15分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分

まだ始まったばかりですが、2021年現時点最高のあまみ*1も出ました。
仕上げはバスブレンドラベンダーの深湯に肩まで浸かってじっくり温まり、シャワーで軽く流してこの日の湯活をフィニッシュ!

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。

*1:サウナで熱くなると自律神経が体温を維持する為に体表に血流を集め発汗による蒸散で体温を下げようとするのに対し、水風呂では深部体温を維持する為に汗腺を引き締め血流を深部に戻そうとする二律背反の動きできりんの網目模様のように迷彩柄に血管が浮き出る様。