湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol468.巣鴨 ヒートポンプ銭湯「宮下湯」

f:id:kenichirouk:20201006213109j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201007110433p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/9/28

 

この日は仕事帰りに巣鴨まで足を伸ばして「宮下湯」さんへ。
宮下湯さんへは、JR巣鴨駅下車、南口より正面の中山道を渡って正面の路地へ。

f:id:kenichirouk:20201006213152j:plain

JR線路沿いのコチラの路地を直進。

f:id:kenichirouk:20201006213359j:plain

屋号の由来となった宮下橋が見えて来たら左折し、宮下橋通りへ。

f:id:kenichirouk:20201006213607j:plain

駅から徒歩4分程でSENTOみやしたゆの屋号のビル到着。
入口を入ると地下へと続く階段が伸びています。

f:id:kenichirouk:20201006213759j:plain

宮下湯さんはビル地下銭湯。下足箱がツートンカラーでプリティです。

f:id:kenichirouk:20201006214054j:plain

中に入るとホッと一息つけそうなロビー。
ご主人様より、壁面のジグソーパズルは9.11テロ前の作品でワールドトレードセンターが見えるマンハッタンの風景だと説明してくれました。

f:id:kenichirouk:20201006214213j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
白基調のシンプルな浴室。

f:id:kenichirouk:20200927103715j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは奥から座風呂、寝風呂、バイブラバスで、手前が広い白湯。
宮下湯さんのお湯は地下150mからの天然地下水をヒートポンプで沸かしています。順に湯巡りし、広い白湯では大地の恵みの天然地下水と太陽と空気の恵みのヒートポンプのハーモニーが育む柔らかい湯触りのお湯をゆっくり味わいます。

f:id:kenichirouk:20200927103728j:plain

 

体が温まってきたところで、サウナ室へもお邪魔します。
宮下湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは100℃。
しっかり熱さを感じられ、心地よく発汗。
発汗後の水風呂は地下150mから汲み上げられる天然地下水で満たされ1年を通じて16℃だそうです。巣鴨、駒込辺りは水脈が良いようで、サウナ専門施設でも天然井戸水の掛け流し水風呂がサウナーの間でも話題だったりします。このエリアにあるサウナ付き銭湯も、しっかり熱いサウナと鮮烈な水風呂揃いです。

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

この日は以下3セットで心地よく❝ととのう❞*1事が出来ました。

・サウナ5分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒天然井戸水風呂2分⇒休憩5分

仕上げは広い白湯でじっくり温まり直し、シャワーで軽く流して上がりました。

 

実は豊島区銭湯はコチラでコンプリートです。
東京銭湯お遍路も佳境に差し掛かり、今後はコンプリート報告が続きます。


本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、豊島区浴場組合Webサイト、他より拝借しております。

*1:サウナ⇒水風呂⇒休憩のループで魂が天然地下水に洗い流され、浄化される様w