湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

梅の湯|北千住銭湯散歩①|駅前銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol350

f:id:kenichirouk:20200728063154j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200724071714p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/7/27

 

この日は北千住銭湯散歩1湯目に「梅の湯」さんへお邪魔しました。
梅の湯さんへは、JR他各線 北千住下車、東口を出て学園通り入口を左折。

f:id:kenichirouk:20200728063324j:plain

駅徒歩2分程で左手に梅の湯さんが見えて来ます。
暖簾を潜ると左手が男湯、右手が女湯。

f:id:kenichirouk:20200728063357j:plain

玄関正面には鯉の滝登りのタイル絵が入浴客をお出迎え。

f:id:kenichirouk:20200729075841j:plain

それでは、番台で受付を済ませて浴室へお邪魔します。

 

浴室に入ると、正面には男女浴室跨ぎの雄大なセンター富士。

f:id:kenichirouk:20200724072938j:plain

この日の1湯目ですので、丁寧に全身お清めを済ませてお風呂へライド温。
梅の湯さんのお湯はセラミック濾材で濾過し、浴槽の遠赤外線ライトで保温効果を高めた遠赤外線鉱石水風呂との事。左手が浅湯で湯口からお湯が注がれ、遠赤外線ライトが浴槽内に設置されています。奥には2連のジェットバスがあり、軽く水流マッサージで血行促進してから、右手の深湯へ。右端にはジェット付き座風呂があり、こちらでも腰回りをじっくりほぐします。
後、梅の湯さんの特徴的なところは、浅湯と深湯、両方の手前側座面に岩盤泉*1が付いているところです。仕上げはこちらでセンター富士のペンキ絵を眺めながら、じっくりリラックスバスタイム♪

しっかり全身温まったところで、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。
※コチラはその他の北千住銭湯散歩のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

*1:鉱石を焼結させた岩盤が浴槽内に貼ってあり、温浴+岩盤浴の保温&マイナスイオン効果が楽しめる装置