湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol349.川口「喜楽湯」でヴィヒタサウナの世界に浸る♨

f:id:kenichirouk:20201031083732j:plain

tokyosento.com

f:id:kenichirouk:20201028112041p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/30

 

この日は戸田方面へ伯母の見舞いに行き、その流れで川口まで足を伸ばして以前からお邪魔してみたかった「喜楽湯」さんへ足を運んでみました。
喜楽湯さんへは、JR川口駅西口を出て右手の川口西公園内を横切ります。

f:id:kenichirouk:20201031084016j:plain

川口西公園内には彫像やオブジェがいっぱい。
遊歩道の脇で「くろがね号のゆくえⅡ」という名の巨大オブジェ発見。

f:id:kenichirouk:20201031084118j:plain

その先には「家族」というちょっとシュールな彫像があります。

f:id:kenichirouk:20201031084926j:plain

面白いなと思ってそぞろ歩いていると、川口西公園 彫刻ガイドが立っていました。

f:id:kenichirouk:20201031085040j:plain

興味深いですが、こちらはまた帰りに見てみたいと思います。
川口西公園を抜けると、川口錦栄会。

f:id:kenichirouk:20201031085220j:plain

川口錦栄会を進み、高架を超えた先が伸一商光会通り。

f:id:kenichirouk:20201031085345j:plain

暫く進むと、右手に二本木稲荷大明神が見えて来ます。ここまで来たらもう少し。

f:id:kenichirouk:20201031085600j:plain

駅から徒歩15分弱、伸一商光会通りの先に喜楽湯さんの煙突が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201031085731j:plain

川口仲町郵便局隣に喜楽湯さんの外観がお出まし。

f:id:kenichirouk:20201031085904j:plain

建屋横からは釜場と煙突の全景が見られます。
喜楽湯さんは薪沸かしですので、パチパチと薪の爆ぜる音が湯情をそそります。

f:id:kenichirouk:20201031090842j:plain

玄関脇には喜楽湯さんの案内板。

f:id:kenichirouk:20201031090917j:plain

それでは暖簾を潜って中へお邪魔します。
喜楽湯さんは、玄関脇に券売機があり、こちらで入浴券を買い求めるスタイルです。

f:id:kenichirouk:20201031090050j:plain

ロビーにはTシャツ等の販売グッズや、配布物が陳列され、賑やかな印象。

f:id:kenichirouk:20201031090452j:plain

喜楽湯さんの創業は1950年。平成24年に中普請を終え、今でも天然井戸水、薪沸かしのお湯を提供し続けていらっしゃいます。現在は、若手の銭湯メディア・銭湯経営集団「TOKYO SENTO」さんが運営しています。

tokyosento.com

それではフロントで受付を済ませ、浴室へ。男湯は左手です。
※ロビー・フロントの写真は施設の方にご了承を得て撮影させて頂きました。

f:id:kenichirouk:20201031090749j:plain


白基調のシンプルな浴室。正面の壁にはお風呂の天井にミラーボール、両サイドにDJブースがある楽し気なタペストリが飾られていました。
※写真は公式HPからの拝借ですが、その後イメージチェンジされたようです。

f:id:kenichirouk:20201028114006j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは右手からハイパージェット、ドリームバス、バイブラバス。
天然井戸水薪沸かしの柔らかいお湯に全身を包まれ、心地よく温まります。
浴槽横の壁には「ぽかぽかしんぶん」なる物が貼られていて、新施設の告知や新しいスタッフの紹介等、親近感のわく記事で令和の新時代コミュニティ銭湯を感じます。

f:id:kenichirouk:20201028114212j:plain

 

「ぽかぽかしんぶん」も読んで体も温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
喜楽湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは93℃。
サウナヒーター前には白樺の原木、天井にはネットが吊られ乾燥ヴィヒタ*1がドッサリ乗せられており、温められた熱気が天井に上り、ヴィヒタの香気を含んで頭上から降りて来る森の薫りのサウナ。入口扉を開けた瞬間、ブワッと森の薫りに包まれ思わず笑みがこぼれます。
※先月まではハッカの精油を使っていたそうですが、今月より店長自ら長野より白樺を取り寄せヴィヒタサウナへ変更されたそうです。

f:id:kenichirouk:20201031091710j:plain

発汗後はメインバス隣の水風呂へ。
天然井戸水の水風呂は水温19℃程、バイブラも効いているので、心地よいクールダウンが楽しめます。クールダウン後は体を拭いて脱衣場脇の外気浴スペースへ。
※こちらの外気浴スペースも今年秋に新設されたそうで、日々進化する銭湯の姿を見る事が出来ました。写真は薄暗い為、露光が合わず、手振れもあってお見苦しい点は、ご容赦を。

f:id:kenichirouk:20201031093725j:plain

f:id:kenichirouk:20201031094045j:plain

秋風が吹くとタープと木々の枝葉が揺れる音だけが響き、1/fゆらぎの微風にゆるく包まれる至福のひととき。
この日は以下3セットですっかり極楽気分に。

・ヴィヒタサウナ7分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・ヴィヒタサウナ12分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・ヴィヒタサウナ15分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒露天外気浴5分

仕上げは薪沸かしのお湯でしっかり温まり、シャワーで軽く流して上がりました。
すっかり気に入り、白の喜楽湯Tシャツと看板猫タタミのステッカー1枚をGET!

f:id:kenichirouk:20201031100230j:plain

玄関では下足入れ下で蛙の置物が「また帰っておいで」とご挨拶。
是非、機会を見つけて又訪れたいですね。

f:id:kenichirouk:20201031100404j:plain

外に出るとすっかり夜の帳が下りていて、屋号の看板がスポットライトに照らされて、宵闇に浮かび上がっていました。

f:id:kenichirouk:20201031095457j:plain

名残惜しいですが、喜楽湯を後にし帰路に着きました。

f:id:kenichirouk:20201031095524j:plain

帰りに再度川口西公園を通過する際、彫刻ガイドにも無い彫像を幾つか発見。

f:id:kenichirouk:20201031100538j:plain

駅に向かう階段の所では懐かしのグリコをやっている少年少女の彫像もありました。

f:id:kenichirouk:20201031100707j:plain

階段上では空を指さす母子像。

f:id:kenichirouk:20201031100750j:plain

そう言えば、明日は満月、ブルームーンだったのを思い出しました。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
川口方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設にご了承頂き、公式HPより拝借しております。
※外気浴スペースは無人の折に施設の方にご了承頂き撮影させて頂いたものです。

*1:白樺の枝葉を束ねて乾燥させたもの