湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

照の場|小岩銭湯散歩・続編⑥|隠れ家レトロ銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol313

f:id:kenichirouk:20200921074518j:plain

www.oyunofuji1010.com

f:id:kenichirouk:20201003195539p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/9/20

 

この日は小岩銭湯散歩の続編でラスト6湯目に前回行きそびれた「照の湯」さんへ。
照の湯さんへは、JR小岩駅  南口を出て左手のフラワーロード直進。

f:id:kenichirouk:20200919074104j:plain

下小岩小学校バス停を過ぎた先一つ目の路地を右折。路地をセットバックした奥に照の湯さん。これは知らないと通り過ぎちゃうレベルですね。

f:id:kenichirouk:20200921080823j:plain

フラワーロード側からは見えませんが、建物裏手に回ると煙突も見られます。

f:id:kenichirouk:20200921082416j:plain

それでは暖簾を潜って中へ。右手が男湯、左手が女湯です。

f:id:kenichirouk:20200921082823j:plain

中に入ると、脱場場は見事な折り上げ格天井。最近では余り見かけられなくなった男女仕切り壁上の広告看板も味があります。聞くところによると建築は昭和20年代後半、相撲部屋の跡地に建てられたもので、中普請無く、当時の面影がそのまま残っているとの事。正に当時の歴史を物語る歴史的建造物と言えます。

f:id:kenichirouk:20200919074200j:plain

それでは受付を済ませて、浴室へ参ります。

 

天井が高く開放的な浴室。バックヤードへ続くアーチ型扉も時代を感じさせます。

f:id:kenichirouk:20200919074528j:plain

男女浴室仕切り壁のタイル絵には、湖の畔に佇む女神が描かれています。

f:id:kenichirouk:20200919074754j:plain

この日2湯目ですので沐浴は簡潔に済ませ、早速お風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20200919074706j:plain

照の湯さんの注目ポイントは何と言ってもこの浴槽!
裸婦像が見守る3槽の湯船は中で繋がっており、センターが深湯。両サイドが浅湯。右手よりお湯が注がれているようで、右手側が一番熱く、左手側が少しぬるめです。右手から順繰り湯巡りし、最後は深湯に肩まで浸かってレトロな銭湯芸術の世界に身も心も浸ります。聞こえてくるBGMは「銀座の恋の物語」。入口側の男女浴室仕切り壁上にスピーカーが付いており、浴室には常時懐メロ歌謡が響いていました。


カラオケ練習用「銀座の恋の物語 (石原裕次郎と牧村旬子)」

 

ちなみにGoogleインドアビューによると、女湯側の仕切り壁には、鳥が舞い、花が咲き乱れる花鳥風月が描かれたタイル絵です。

f:id:kenichirouk:20200919075054j:plain

こちらの浴室中央には、水瓶に跨る少年の像が。こちらも味わい深いですね。

f:id:kenichirouk:20200919075326j:plain

番台のおかみさんに「いい湯でした」と挨拶して、玄関へ出ると、入る際には気づきませんでしたが、そこに来店感謝のご挨拶看板。こういう細かい心配りって何だか嬉しいですよね。

f:id:kenichirouk:20200921082942j:plain

小岩駅への道すがら、夜の帳が下りてライトアップされたフラワーロードが味わい深く、記念に一枚。銭湯天国小岩銭湯散歩、これにて終了です。

f:id:kenichirouk:20200921083028j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※脱衣場・浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。
※コチラはその他の小岩銭湯散歩のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com