湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

高砂湯|竹ノ塚銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol301

f:id:kenichirouk:20200704080746j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200702114356p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/7/2

 

竹ノ塚銭湯散歩2湯目では、「高砂湯」さんへお邪魔しました。
高砂湯さんへは、東武スカイツリーライン竹ノ塚駅下車、東口を出てまずは左方向に東武線線路沿いに進みます。

f:id:kenichirouk:20200704080935j:plain

その先赤山街道を左折。

f:id:kenichirouk:20200704081102j:plain

増田橋交差点を右折。

f:id:kenichirouk:20200704081215j:plain

次の路地を左折、駅から徒歩12~3分で右手に高砂湯さんが見えて来ます。
裏手に回ると煙突の全景を見る事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20200704081348j:plain

薪が爆ぜる音がしたのでご主人に伺ってみると、こちらのお湯は薪と重油で沸かしていらっしゃるとの事。
玄関に掛かる暖簾には、都知事選の告知。右手が男湯、左手が女湯です。

f:id:kenichirouk:20200704081436j:plain

 

番台で受付を済ませて、浴室へ。
正面には、2016.5.23と作成日が書かれた松原の磯から臨む霊峰富士のペンキ絵。

f:id:kenichirouk:20200704081543j:plain

2湯目ですので、沐浴は簡単に済ませて早速お風呂へライド温♨
浴槽は、右手がちょっと変わった形状の超音波気泡マッサージの付いた浅湯で左手がバイブラ付きの深湯。湯温は40℃程でゆったり浸かっていられます。

薪と重油で沸かしたお湯は、ソフトで柔らかく、富士山を眺めながら暫しリラックスバスタイム。最後はシャワーで軽く流して上がりました。

湯上り後は脱衣場で汗が引くまで暫し休憩して高砂湯さんを後にしました。


本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。
※コチラはその他の竹ノ塚銭湯散歩のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com