湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(温泉編)vol98.秩父湯巡り紀行②西武秩父「新木鉱泉」

f:id:kenichirouk:20200815232927j:plain

www.onsen-yado.net

【入浴日】2020/8/15
【所在地】埼玉県秩父市山田1538番地
Google マップ

【泉質】単純硫黄冷鉱泉(低張性・アルカリ性・冷鉱泉)ph9.4

f:id:kenichirouk:20200815233326j:plain

 

この日は、夏休みの秩父湯巡り紀行で2湯目に「新木鉱泉」さんへお邪魔しました。
※コチラは1湯目の「満願の湯」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

新木鉱泉さんへは、西武秩父駅より車で10分。メチャメチャ雰囲気のある外観です。

f:id:kenichirouk:20200816095238j:plain

入口横の休憩スペース。

f:id:kenichirouk:20200816095308j:plain

中に入ると、度肝を抜く古民家テイスト。

f:id:kenichirouk:20200816095351j:plain

フロント前には囲炉裏。

f:id:kenichirouk:20200816095417j:plain

新木鉱泉さんは、楽天トラベルアワードを何度も受賞している名湯宿です。

f:id:kenichirouk:20200816095455j:plain

 

それでは立ち寄り湯の料金を支払い、湯小屋へ向かいます。

f:id:kenichirouk:20200816100317j:plain

コチラが湯小屋の入口。湯への期待感がMAXにw

f:id:kenichirouk:20200816095743j:plain

湯小屋の中で男女別の脱衣場へ分かれています。

f:id:kenichirouk:20200816100401j:plain

この日は2湯目という事もあり、夕刻お邪魔したのですが、新木鉱泉さんは、基本宿ですので、夕食時間の為か浴室には誰もいらっしゃらず、宿の方にご了承頂いて、脱衣場、浴室の写真を数点撮影させて頂きましたので、そちらを交えながらお伝えさせて頂きます。

脱衣場は脱衣籠が並ぶレトロな雰囲気ですが、ドライヤーや必要な物は揃っていて、かゆいところに手が届いていて嬉しいですね。

f:id:kenichirouk:20200816100520j:plain

それではいざ、浴室へ。
この日2湯目ですので、沐浴は簡単に済ませ、まずは内湯からライド温♨

f:id:kenichirouk:20200815111814j:plain

小さな神棚が湯口になっており、正に神の湯。
湯面の揺らぎから、このトロトロ感が伝わりますでしょうか。
1湯目の「満願の湯」もなかなかでしたが、コチラもかなりのツル肌美肌水です。

f:id:kenichirouk:20200816103029j:plain

内湯で温まったところで露天の親子風呂へ。
手前の広い湯船と奥が一人用の寝そべり風呂。実はこの寝そべり風呂が半端ないツルツル感で、湯に浮かびながら空と緑を眺めて至福のバスタイムが楽しめます。

f:id:kenichirouk:20200816103109j:plain

反対側から見たら大風呂の方だけ屋根が付いているのが分かります。

f:id:kenichirouk:20200816103138j:plain

 

体もしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
新木鉱泉さんのサウナはサウナストーンを使った本格的なフィンランドサウナ。
木材の燻された香りが心地よく輻射熱は柔らかいですが、室温102℃としっかり熱を感じられ、貸切の室内でじっくり発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20200816103218j:plain

サウナ室前の源泉水風呂は樽風呂です。
源泉の泉温が15.5℃の冷鉱泉ですので、コチラが正真正銘の源泉です。
夏場は22℃前後ですが、冷た過ぎないので、いつまでも浸かっていられそうです。
源泉水風呂のツルツルの浴感を楽しみつつ、心地よくクールダウン。

f:id:kenichirouk:20200816103303j:plain

クールダウン後の休憩は露天が熱過ぎる為、貸切の浴室で水風呂脇に腰掛け、燻された木の香りが微かに残るタオルで目頭とこめかみをマッサージしながらリラックス。
この日は以下3セットで爽快に❝ととのう❞事が出来ました。

・フィンランドサウナ5分⇒冷鉱泉水風呂2分⇒休憩3分
・フィンランドサウナ10分⇒冷鉱泉水風呂2分⇒休憩3分
・フィンランドサウナ10分⇒冷鉱泉水風呂2分⇒休憩5分

仕上げは露天の寝そべり風呂で心行くまでツルツル源泉を楽しみ、体の芯まで温まったところで、源泉水風呂の吐水口の源泉を桶に汲み、浸したタオルを絞った美肌源泉タオルで全身を軽く拭き上げて上がりました。

 

帰りに表通りまで出たところで、新木鉱泉さんの看板が見送ってくれました。

f:id:kenichirouk:20200816103335j:plain

宵闇に沈む西武秩父の駅舎。

f:id:kenichirouk:20200816103434j:plain

丁度帰宅時間に駅前で花火が上がっているのを見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20200816103515j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
秩父方面へお立ち寄りの際は是非♪