湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

自宅風呂で浴用化粧品「酵素で洗う」を試してみた|湯活レポート(入浴剤編)vol50

f:id:kenichirouk:20200523135103j:plain

【入浴日】2020/6/6

 

この日は株式会社ほんやら堂の「酵素で洗う」をチョイス。

f:id:kenichirouk:20200523135147j:plain

各種酵素やリパーゼという成分で皮脂を分解し、プラセンタや植物由来のオイルで肌をぷるつやにするとの事。

 

「酵素で洗う」は発砲系のタブレットが入っているので、まずはいつも通り沐浴を済ませます。と言っても、こすらず洗うがテーマですから、この日はボディーソープで軽く皮膚全体を撫で洗いしてお湯で軽く濯ぐ程度にしておきました。確かに力任せにゴシゴシ擦る方もいらっしゃいますが、清浄と肌のケアの観点からはやり過ぎかも知れませんので、「酵素で洗う」は理に叶っていると言えます。
準備が整ったら、入浴直前に「酵素で洗う」をお湯に投入♪

f:id:kenichirouk:20200606112604j:plain
軽く混ぜると発泡剤から白い靄のような炭酸ガスが湧き上がり、銭湯でたまに見かけるナノバイブラバスを髣髴とさせます。

f:id:kenichirouk:20200606112733j:plain

それではいざ、「酵素で洗う」湯にライド湯♨

f:id:kenichirouk:20200606112758j:plain
くぅぅぅぅ。。。酵素配合の為か、若干米麹のような香りで癒されます。
発砲する炭酸ガスとヒマラヤ塩の保温効果で、しばらく浸かっているとじーんと皮膚全体を包んでポッポと体が温かくなってきます。

 

この日は、入浴5分>冷水シャワー1分>入浴5分>冷水シャワー0.5分の温冷交互浴を楽しんでから上がりました。浴後は確かに、肌がサッパリしてしっとりスベスベ感がありました。こと皮膚洗浄効果と保湿効果でいえば、「酵素で洗う」は十分効果があると感じました。
ご興味のある方は是非お試しください。

 

※コチラはその他の湯活レポート(入浴剤編)です↓

yukatsu.hatenablog.com