湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(温泉編)vol80.湯河原「ニューウェルシティ湯河原」

f:id:kenichirouk:20200304053833p:plain

www.welcity-yugawara.co.jp

【入浴日】ー/-/ー

【所在地】静岡県熱海市泉107

Google マップ

【泉質】ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)

 

本日より過去巡った温泉レポートを幾つかUPして参ります。
こちらはかなり以前の訪問の為、正確な年次は思い出せませんw
ニューウェルシティ湯河原さんへは、JR湯河原駅下車、改札を出て左側ロータリー内、土肥実平像、桜の木の前よりシャトルバスが出ていますので便利です。
千歳川に架かる橋を渡ってニューウェルシティへ入りますが、湯河原の名前の通り、川の流れる景色の両脇を山並みが囲み、四季折々の景観が素晴らしいです。

 

湯河原の温泉の歴史は古く、 天平3年と言えば時は奈良時代に遡り、 「万葉集」巻14東歌、第3,368首に「土肥の河内」の歌が収録されています。
あしがりの とひのかふちに いずるゆの よにもたよらに ころがいわなくに
この短歌に「土肥の河内に いずる湯」というのは、この頃より湯河原の地には、河原に源泉が湧き出ていた事を示しています。その歴史に想いを馳せると、千歳川両岸の景色にもまた浪漫を感じます。

 

こちらには宿泊しましたが、今回は入浴体験に絞ってレポートさせて頂きます。
大浴場は「万葉の湯」と「不動の湯」の2種類。

f:id:kenichirouk:20200304054101j:plain

レンガ調の浴室に広い洗い場スペースと内湯を備えた豪華なお風呂です。
源泉の泉温は61℃強と熱めのお湯を適温にし、贅沢に大浴場になみなみと注いでいます。無色透明無臭の肌にやさしい天然温泉は、別名「薬師の湯」とも呼ばれており、神経痛、筋肉痛、五十肩、うちみ、くじき、冷え性に効果があり、塩化物泉ですので良く温まります。こちらは宿泊者専用となっています。

 

露天風呂はいずみの湯。
こちらは日帰り入浴にも対応しており、薬師の湯を気軽に楽しめます。

f:id:kenichirouk:20200304054520j:plain

こちらはいずみの湯の石風呂。

f:id:kenichirouk:20200304054552j:plain

こちらは露天ですので、四季折々の景色を楽しみながらの湯巡りが満喫出来ます。都会の喧騒を忘れ、湯河原の歴史浪漫満点の湯に浸かるのはまた格別の気分です。

 

湯河原方面へお越しの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、公式Webサイトより拝借しております。