湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

第五相模湯|雑色銭湯散歩③|湯活レポート(銭湯編)vol197

f:id:kenichirouk:20200217171632j:plain

ota1010.com

f:id:kenichirouk:20200214224225p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/2/16

 

この日雑色銭湯散歩3湯目は、「第五相模湯」さんへお邪魔しました。
第五相模湯さんへは、京急線 雑色駅下車、右手に進みます。

f:id:kenichirouk:20200217171706j:plain

雑色駅入口交差点で第一京浜を渡り、正面の水門通り商店街へ。

f:id:kenichirouk:20200217171739j:plain

 駅から徒歩8分程、左手に第五相模湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200217171844j:plain

玄関を入ると下足箱の上の飾りがおめでた感満載です。

f:id:kenichirouk:20200217171819j:plain

中に入ると広くて寛げる待合ロビー。壁に飾られた鳥のような物は大田区名物とんび凧だとご主人さまより教えて頂きました。

f:id:kenichirouk:20200217171910j:plain

そして日曜日限定のお楽しみは南房総直送の天然海藻「かじめ風呂」。
豊富なヨードで血行促進、お肌ツルツル、、、楽しみです!

f:id:kenichirouk:20200217171949j:plain

早速受付を済ませ、浴室へ向かいます。

 

脱衣所と浴室の仕切り壁上は、海藻が揺らめく海底の彫刻ガラス。
この後のかじめ風呂への期待感が高まりますねw

f:id:kenichirouk:20200217230205j:plain

浴室正面には霊峰富士のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20200217230242j:plain

この日3湯目ですので、沐浴は軽く済ませ、早速お風呂へライド温。
メイン浴槽は右手がリラックスバスで左手が足元からポコポコ湯が沸く白湯。
まずは、メインバス左右の湯巡りで軽く血行促進。
いよいよそのお隣のかじめ風呂へ。

f:id:kenichirouk:20200217230515j:plain

南房総から取り寄せた海草(かじめ)から抽出したヨードをたっぷり含んだお湯は、コンソメスープのように透き通り、深みのあるダシの色。浴槽は寝湯の為、寝ころんで霊峰富士を眺めながら、かじめ風呂の成分を皮膚全体で味わいます。

 

かじめ風呂を味わった後は、こちらでもサウナ室へおじゃまします。

f:id:kenichirouk:20200215054438j:plain

第五相模湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで室温は95℃。
そして、コチラのサウナもド演歌サウナでしたw
大体歌謡曲サウナとか、ド演歌サウナの時は、私の場合、時間というより2曲とか3曲とか決めて入っている事が多いのですが、知らない曲の演歌はなかなかに曲者です。演歌は1番1番はそれほど長くはないのですが、大抵1曲3~4番まであり、しかも「まだ終わらないかな~」と思っているとリズムがやけにゆっくりに感じられたりして別の意味で泣かせる曲だったりしますw
この日は以下2セットでこの日一番ディープに❝ととのう❞*1事が出来ました。

・ド演歌サウナ3曲⇒シングル*2冷水シャワー⇒休憩3分
・ド演歌サウナ3曲⇒シングル冷水シャワー⇒休憩5分

仕上げはかじめ風呂でじっくり温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

帰りに駅への道すがらぞうしき商店街のアーケードが心に染みましたので、この日最後にこの風景をフレームに1枚切り取って雑色を後にしました。

f:id:kenichirouk:20200217172015j:plain

 

本日も良い湯とナイスサウナをありがとうございました♨
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、大田区浴場組合Webサイト、他より拝借しております。
※コチラはその他の雑色銭湯散歩のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

*1:ド演歌サウナ⇒シングル冷水シャワー⇒休憩の過程で人生いろいろが心に去来する様w

*2:10℃未満の冷水