湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

金松湯|大山チャリ銭散歩1湯目|湯活レポート(銭湯編)vol176

f:id:kenichirouk:20200119201943j:plain

1010itabashi.or.jp

【入浴日】2020/1/19

f:id:kenichirouk:20200119202254p:plain

Google マップ

 

この日は週末で大山銭湯チャリ散歩で1湯目に「金松湯」さんへお邪魔しました。
我が家からは自転車ですが、電車の場合は、下記Mapをご参照ください。

f:id:kenichirouk:20200119150033p:plain

駅前商店街を進むと、駅から2分程、左手路地に金松湯さんの門構えが現れます。

f:id:kenichirouk:20200119202949j:plain

本日板橋区銭湯はハーブ湯の日でアフリカ原産のルイボスの湯との事。
ハーブ湯、薬湯好きとしては、入湯前から期待感が高まります。
中に入ると落ち着いたロビー。男湯、女湯の脱衣所の暖簾がかわいらしいです。

f:id:kenichirouk:20200119203208j:plain

受付を済ませ、いざ浴室へ。


本日1湯目ですので、まずは全身沐浴でお清めします。
全身くまなく洗い終わったところでお風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20200119202800j:plain

金松湯さんのお風呂はシンプルで、右手が2連のジェット水流式座湯、左手はバイブラ付きの浅湯。湯温は42℃前後と適温でゆったり入れます。
ルイボスのハーブは浅湯カランに結わえられた袋にこれでもかと詰め込まれており、左右の浴槽が中で繋がっている為、浴槽全体が茶褐色のハーブ湯になっていました。
知らない人が見ると黒湯と思うかも知れませんが、明らかに香りに違いがあります。
ルイボスの効能は、原産地アフリカでは不良長寿の薬草として、主にルイボスティーとして頂きます。最近日本にも多く入ってきており、美容と健康に良いと言われて女性層を中心に人気となっています。我が家でも頂く機会が多いのですが、浴槽から仄かにルイボスのハーブの香りが立ち昇り、体の内外からハーブ湯が楽しめます。
この日は休憩を挟みながら座湯と浅湯を2度3度と行き来し、ルイボスの香りに包まれ、体の芯まで温まりました。

 

本日も良い湯をありが湯ございました♨
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。
※東京銭湯Mapにはサウナの表記がありますが、現在は使用停止し止めてしまわれたそうです。サウナ―の皆様はご注意ください。
※この後は大山チャリ銭散歩2湯目の「第二富士見湯」さんレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com