湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol173.吉原大門 3種の薬湯銭湯「堤柳泉」

f:id:kenichirouk:20200116001536j:plain

teiryusen.jp

【入浴日】2020/1/15

f:id:kenichirouk:20200116001930p:plain

Google マップ

 

この日は仕事帰りに日比谷線 三ノ輪駅経由、路線バスで吉原大門の「堤柳泉」さんへお邪魔しました。堤柳泉さんへは、都営バス吉原大門のバス停下車、徒歩1分。
バス進行方向に東京スカイツリーが綺麗に見えました。

f:id:kenichirouk:20200116002341j:plain

堤柳泉はビル型銭湯。入口の案内板でお風呂気分を軽く満喫。

f:id:kenichirouk:20200116002534j:plain

2Fに上がると広々ロビー。

f:id:kenichirouk:20200116002619j:plain

券売機で入浴券を買い求め、早速浴室へ参ります。

 

f:id:kenichirouk:20200116002943j:plain

金曜はサウナ無料だそうです。ハイ、ここサウナ―の方注目~ですw
リンスインシャンプー・ボディーソープは貸出式なので手ぶらの方はお忘れなく。


まずはいつも通り全身沐浴で洗い清め、最初は内湯のメインバスからライド温♨

f:id:kenichirouk:20200114113851p:plain

メインバスは手前からバイブラバス、ジェットエステバス、ドリームバス、ジェットバス。順繰り気泡浴に包まれ全身マッサージ。
その奥が薬湯で本日はバスブレンドワインの湯。文字通りワインレッドの魅惑的な色と香りで湯の感触だけでなく、視覚と嗅覚でも楽しめます。

f:id:kenichirouk:20200116002017p:plain

その向かいにも浴槽があり、お邪魔すると、こちらはバスブレンドもやの湯。
乳白色の温泉気分が楽しめる薬湯です。

f:id:kenichirouk:20200116002140p:plain

更に奥には半露天風岩風呂。
何と!こちらも薬湯で、高麗人参配合の漢方の湯「宝寿湯」。
薬湯を日替りで提供するのはよく見ますが、一度に3つはなかなか贅沢ですw

f:id:kenichirouk:20200114113907p:plain
3つの薬湯効果で十分体が温まったところで、サウナ室へもお邪魔します。

 

堤柳泉さんのサウナは遠赤外線式ヒーターで本日のコンディションは94℃。

f:id:kenichirouk:20200114113921p:plain

この日はFM TOKYOの軽快なトークとミュージックがサウナ室に流れていました。
木と石の壁からの輻射熱はあくまで柔らかく、心地よい発汗が楽しめます。
サウナ室前の水風呂は22℃前後ですが、天然井戸水の肌触りが優しく、バイブラも効いている為、じんわりクールダウンもこの時期は悪くないです。

f:id:kenichirouk:20200116002208p:plain

休憩は半露天岩風呂の脇の休憩椅子の腰かけてリラックス。

本日は以下3セットで、心地よく❝ととのう❞*1事が出来ました。

・サウナ5分⇒水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂1分⇒休憩5分

最後は半露天岩風呂の宝寿湯で漢方の香りを楽しみながら体の芯までしっかり温もり、シャワーで全身をサッと流して上がりました。

 

帰りはバスが無い為、三ノ輪駅まで15分程歩きましたが、途中で湯活レポート(銭湯編)vol.1で見かけたあしたのジョーの立像と再会。

f:id:kenichirouk:20200116010810j:plain

yukatsu.hatenablog.com

更に三ノ輪銭湯巡り4湯目の「日の出湯」のすぐ近くを通過。

yukatsu.hatenablog.com

三ノ輪周辺は、なかなかに銭湯パラダイスである事を再認識しました。
本日も良い湯、良い蒸しをありがとうございました♨

 

お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、公式Webサイト及び台東区浴場組合Webサイトより拝借しております。

*1:サウナ⇒水風呂⇒休憩のループで吉原の歴史のあれやこれやの妄想と共に魂が天に召される様w