湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

閉店銭湯|和泉湯|和泉多摩川|湯活レポート(銭湯編)vol142

f:id:kenichirouk:20191211231726j:plain

【所在地】東京都狛江市東和泉3-2-6
【入浴日】2019/12/11
【閉店日】2019/12/31

和泉湯さん閉店の一報を受け、お別れ入湯に行って参りました。
※コチラはSNSで流れて来た和泉湯さん閉店の第一報です↓

f:id:kenichirouk:20191211232531j:plain

和泉湯さんへは、小田急線 和泉玉川駅 東口下車して南口方面へ。

f:id:kenichirouk:20191211231754j:plain

東口目の前のスーパーNEW YAHIROさん右側の道を入ります。

f:id:kenichirouk:20191211231817j:plain

一つ目の路地を右折すると、駅から2分程で和泉湯さんの看板が見えてきます。

f:id:kenichirouk:20191211231901j:plain

入口反対側から見ると、宵闇に聳え立つ煙突。

f:id:kenichirouk:20191211231931j:plain

入口を入ると番台前に待合スペースがあります。
往年はこちらも、カップルや夫婦、親子、家族、その他多くの入浴客で賑わったのではないかと思います。

f:id:kenichirouk:20191211232003j:plain


受付を済ませて中へ入ると、脱衣所から湯気抜き窓の付いた高い天井。
漆喰に太い梁、格天井、今はもう時を刻まなくなった大きな柱時計。
準備を進めながら、あれやこれやに目が行きます。

 

浴室に入ると、向こう正面には湯煙に煙る西伊豆から望む富士山。

f:id:kenichirouk:20191210053840j:plain

沐浴で体を洗い清め、早速お湯を頂きます。
浴槽は浅湯の気泡湯とジェットバス付深湯。
天然井戸水薪沸かしの湯触りは滑らかで優しく、湯温は43℃でしっかり熱湯。
湯船に浸かりながら高天井に消えていく湯煙を眺め、和泉湯さんの歴史に想いを馳せながら体の芯まで温まり、軽くシャワーで流してから上がりました。

 

湯上り後、ご主人に天然井戸水薪沸かしの湯が良かったとお伝えすると、ご主人様曰く、『最近膝が痛くて、燃料の薪の準備もままならず、満足の行くような清掃もなかなか大変になって来た。だから年内に閉める事にしたよ。』との事でした。
西沢浴場株式会社 和泉湯さんは昭和30年(1955年)創業で今年で64年。
残念ながらまた一つ東京銭湯の火が消えます。
これまで永らくの間、良い湯をありがとうございました。

 

和泉湯さんは月曜定休、営業は2019/12/31までだそうです。
お時間と機会がありましたら、是非足をお運びくださいませ。

※浴室内は撮影不可の為、Webサイト上より拝借しております。