湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

弁天湯|吉祥寺|週末銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol118

f:id:kenichirouk:20191110071840j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20191211140518p:plain

Google マップ

【入浴日】2019/11/9

 

本日は週末銭湯はしごで、1湯目は永福町からバスに揺られ「ゆ家和ごころ 吉の湯」さんへ行って参りましたので、そのまま終点高円寺まで移動し、2湯目はJR中央線 吉祥寺駅で下車。駅から7分の「弁天湯」さんへお邪魔しました。
実は武蔵野市銭湯1湯目です。

 

「弁天湯」さんへは、吉祥寺駅北口駅前広場より左斜め前のダイヤ街を入ってそのまま真っ直ぐ。

f:id:kenichirouk:20191110072116j:plain

ダイヤ街を抜け、昭和通りに入ってもそのまま真っ直ぐ。

f:id:kenichirouk:20191110072319j:plain

ZARAを通り過ぎ、駅から7分程で右手に弁天湯さんの煙突が見えてきます。

f:id:kenichirouk:20191110072413j:plain

 

玄関を入ると八角形?の変わった形の広々ロビー。

f:id:kenichirouk:20191110073408j:plain

早速受付を済ませ脱衣所へ向かいます。

 

脱衣所の壁には、懐かしい看板がそこかしこに飾ってあります。

f:id:kenichirouk:20191110074214j:plain



浴室に入ると、まず正面に男女浴室に跨る銭湯絵師 中島盛夫氏の手による雄大な富士山のペンキ絵がお出迎えしてくれます。

f:id:kenichirouk:20191024183318j:plain
本日は既に1湯入湯済みですので、沐浴は軽く済ませ、早速湯船へLet's Go!!

 

向かって左手はポイントマッサージ。右隣のメイン浴槽はラドンガリウム石温浴泉。

f:id:kenichirouk:20191024183333j:plain

まずはポイントマッサージで気になる箇所にジェット水流を当ててじっくり凝りをほぐします。
メイン浴槽では、吐水口にラドンガリウム鉱石が詰まっていて、水をろ過しながら微弱放射線パワーをお湯に溶かしこみます。微弱放射線はホルミシス効果と言って、体の細胞を刺激し好転反応を起こし、免疫力を上げる働きがありますが、皮膚より呼気から多く吸収される為、湯に浸かりながら深く深呼吸します。
続いてメイン浴槽向かって右隣りに設置されたエレキマッサージで低周波マッサージを受け、更に血行が促進されます。
最後は一番右の本日の健康風呂。写真はGoogleインドアビューからの拝借ですので、別日の物ですが、この日はレモン色の草津の湯でした。

f:id:kenichirouk:20191024183345j:plain

一通り湯巡り後、再びメイン浴槽に浸かり、しっかり温まります。
上を見上げると、高く青い天井、脱衣所仕切り上のガラスには人魚や熱帯魚の彫刻が施され、洗い場上の窓は一部がステンドグラスになっていて、午後の日差しが柔らかく浴室内に降り注いでいます。

f:id:kenichirouk:20191024183356j:plain

ラドンガリウム温浴泉で体の芯までしっかり温もり、最後は立ちシャワーでサッと汗を流して上がりました。

 

また、後から知ったのですが、吉祥寺「弁天湯」さんは風呂ロックの聖地としても知られているのだそうです。拝見しましたがスゴイメンバーですね‼

furo-kikaku.com

いつか風呂ロックにもドップリ浸ってみたいものですw


この日はこの後、本日のメインイベント「TOKYO銭湯交流会」で荻窪の銭湯GOKURAKUYAさんへ向かいました。


弁天湯さんへも、お近くへお立ち寄りの際は是非♪ 

※脱衣所・浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。
※コチラはTOKYO SENTO Festival 2020「みいつけた!湯」のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com※コチラはその他の週末銭湯はしごレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com