湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol92.中野「中野寿湯温泉」

f:id:kenichirouk:20190929213355j:plain

www.1010.or.jp

【入浴日】2019/9/29

f:id:kenichirouk:20191210135410p:plain

f:id:kenichirouk:20190929213125j:plain

Google マップ

 

本日週末チャリ銭デーという事で、「中野寿湯温泉」へお邪魔しました。
「中野寿湯温泉」さんへは、練馬方面より中野通りを中野方面へ進み、西武新宿線を渡り、新井天神北野神社の先の新井五差路を左折してしばらく行くと見えてきます。

 

受付上に立派な帆船模型があります。ご主人に伺うと四国で購入して取り寄せた物なのだそうです。こちらの模型は脱衣所からも拝見する事が出来ますが、脱衣所の先には、大海原ではなく、地球の恵み温泉を湛えた温浴ワールドが広がっています。

f:id:kenichirouk:20190929214216j:plain

受付を済ませ、早速浴室へ向かいます。

 

f:id:kenichirouk:20190929162137j:plain

天然温泉「美肌の湯」の看板が正面に飾られており、温泉旅情を高めますw
リンスインシャンプー・ボディーソープ完備も嬉しい限りです。
沐浴を済ませ、まずは温浴から。

 

「中野寿湯温泉」のお湯は全て美肌のメタケイ酸系天然温泉です。
メタケイ酸とは、温泉に含まれている天然の保湿成分のことで、肌の新陳代謝を促進し、つるつる美肌へと導いてくれます。 肌のセラミドを整えてくれる作用もあるそうで、美肌効果が期待出来る成分です。

f:id:kenichirouk:20190929162346j:plain

まずは深湯のバイブラバスで美肌の天然温泉に全身揉みしだかれます。

f:id:kenichirouk:20190929162523j:plain

続いて座風呂、寝風呂のジェットバスで凝りをほぐしながらリラックス。

f:id:kenichirouk:20190929162655j:plain

続いてメタケイ酸天然温泉がザバザバ注がれる湯滝の下でバイブラに揺られます。しっかり体の芯まで温まったところで、温冷交互浴で水風呂へ。

f:id:kenichirouk:20190929163027j:plain

水風呂はメタケイ酸天然冷鉱泉のかけ流しです。源泉の泉温は18℃ですが、浴室の室温等で、22℃程度のコンディションです。ただ、冷鉱泉がザバザバ掛け流されていますので、ゆっくりと火照った体をクールダウンしてくれます。

 

サウナはヒーター式で本日のコンディションは94℃。
本日は家族連れですので、1セット勝負です。
先に水通し*1して体幹からクールダウンし、汗腺を引き締めてから挑みましたので、じっくり発汗を待ちます。
5分の砂時計が1回落ちた辺りから発汗が始まり、全身汗が滴って来た辺りで3回目の砂時計反転へ。合計15分でキッチリ汗を出し切りました。

サウナから出て掛け水を被って汗を流し、冷鉱泉かけ流しの水風呂に沈みます。
ゆったり手足を動かしながら、水風呂3分でクールダウン。
その後の休憩でバッチリ❝ととのう❞*2事が出来ました!

 

仕上げは、メイン浴槽の湯滝に打たれながら再度ヒートアップし、美肌の天然温泉を肌に染みこませるように軽く拭く上げて上がりました。

 

湯上り後は、奥さんとロビーで待ち合せましたが、コミックやTVのある広々ロビーで、天候を問わず待ち合わせ出来るので家族連れや友人連れには好都合です。

f:id:kenichirouk:20190929220650j:plain

ロビーの棚の上にはコルシカ島産のニシヘルマンリクガメが居ます。

f:id:kenichirouk:20190929220749j:plain

最後は番台上の帆船を背に、ニシヘルマンリクガメに見送られて中野寿湯温泉さんを後にしました。

 

お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可につき、店舗紹介ページ・他より拝借しております。

*1:水風呂で予め体をクールダウンしておく事

*2:「サ道」作者のタナカカツキ氏が提唱した言葉。サウナ⇒水風呂⇒休憩の過程で訪れる多幸感、独特の浮遊感を指す