湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

ゆラックス|池袋|湯活レポート(銭湯編)vol88

f:id:kenichirouk:20220123172636j:plain

www.yurax.jp

f:id:kenichirouk:20201206120113p:plain

Google マップ

【アクセス】

ゆラックスさんの最寄駅は、山手線のターミナル池袋駅。
東口(北)出口を出て、正面の明治通りを左手方向へ進みます。

f:id:kenichirouk:20220123173404j:plain

ビックカメラやヤマダ電機アウトレット館を横目に明治通りを進みます。

f:id:kenichirouk:20220123174239j:plain

首都高下で春日通りを渡り、更に直進。

f:id:kenichirouk:20220123174852j:plain

堀之内橋で山手線の上を渡ったらすぐに左折。

f:id:kenichirouk:20220123175354j:plain

程なく右手に「サウナ」と書かれた煙突が見えたらそこを目指して狭隘な路地へ。

f:id:kenichirouk:20220123175849j:plain

駅から徒歩で12分程、路地の突き当りを右折したところがゆラックスさん入口。
建物脇では山手線沿いからも見えたサウナと書かれた煙突の全景も見られました。

f:id:kenichirouk:20220123180350j:plain

 

【入浴日】2022/2/:右の湯

 

【入浴日】2019/9/24:左の湯

f:id:kenichirouk:20220123180439p:plain

この日は仕事帰りに池袋の「ゆラックス」に立ち寄り湯に行きました。
「ゆラックス」さんが変わっているのは、ロビーがコンビニになっている事です。

f:id:kenichirouk:20190924225034j:plain

おかみさんに話を伺うと、元々パン屋だったところ、お客様の要望で徐々にコンビニ化し、2002年に銭湯の経営も引き継がれ、改装して繋げた為にこうなったとの事。入口の両脇に「銭湯」の看板と「酒」の看板があるのはその為です。

 

早速受付を済ませ脱衣所へ向かいます。

f:id:kenichirouk:20190924225209j:plain
ココから先は、東京銭湯Webサイトにも公式HPにも浴室内の写真はありませんので、拙い図解と文章でお伝えしたいと思います。

 

「ゆラックス」さんでは、遠赤外線サウナ付きの浴室とコンフォートサウナ付きの浴室の二つがあり、それぞれ週替わりで提供されています。

<温浴>

遠赤外線バイブラバス、でんき風呂、リラックスバス、ジェットエステバス、薬湯

f:id:kenichirouk:20190924234217p:plain

浴室に入ると正面に洋風の水車のある風景のタイル絵が入浴客を出迎えます。
まずは沐浴で一日の汗を流し、遠赤外線バイブラバスから順繰り湯巡りします。
でんき風呂、リラックスバス、ジェットエステバスで肩や腰の凝りをほぐし、続いては薬湯へ。本日の薬湯はほうじ茶の湯。色はほうじ茶というよりほんのり赤みを帯びた紅茶のような色合いですが、仄かに薬湯の漢方の香りがします。
メイン浴槽も薬湯も共に40℃前後、ゆったりリラックスして浸かれます。

<サウナ>遠赤外線サウナ(-℃)、水風呂(22℃)

本日は20:00を回っていた為、サウナには入室は叶いませんでした。こちらでは平日、週末問わず、サウナは20:00までの営業との事ですので、サウナ利用をご希望される方は、早目に来られた方が良いと思います。
ですので、本日は温浴と水風呂で温冷交互浴をしました。
薬湯でじっくり温まり、水風呂でクールダウンを2~3度繰り返し、最後は立ちシャワーをザっと浴びてから上がりました。

 

今度はサウナをやっている時間、そしてもう一方のコンフォートサウナの浴室にもお邪魔してみたいですね。
そちらのレポートはまたの機会に。

 

お近くへお越しの際は是非♪
※店内は撮影不可の為、公式HPの写真を拝借させて頂きました。