湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

清水湯|表参道|温泉分析書マスター取得|湯活レポート(銭湯編)vol82

f:id:kenichirouk:20191207133816j:plain

shimizuyu.jp

【入浴日】2019/9/15

f:id:kenichirouk:20191207133127p:plain

Google マップ

1.温泉ソムリエ分析書マスター

本日は表参道「新潟館 ネスパス」3階で行われた温泉ソムリエ分析書マスターのセミナーを受講して参りました。
環境省の「鉱泉分析表」指針が2014/7/1更新されたのを受け、新しい泉質の取り決めを中心に温泉分析書の見方、その効果、活用法等を新たに学び直しました。
湯活レベルが26上がりましたw

https://www.env.go.jp/council/12nature/y123-14/mat04.pdf

※コチラは温泉ソムリエ家元 遠間先生と記念写真↓

f:id:kenichirouk:20191207133921j:plain

無事温泉ソムリエ分析書マスターを取得したところで、ひとっ風呂浴びに行きます。

 

2.南青山「清水湯」

本日は温泉ではないですが、表参道の老舗デザイナーズ銭湯「清水湯」さんへお邪魔します。まず「新潟館 ネスパス」を出て、表参道をそのまま直進し、青山通りとの交差点まで進みます。

f:id:kenichirouk:20190916211025j:plain

表参道は文字通り明治神宮の参道ですので、表参道の出口には左右に大きな灯篭が立っています。青山通りの交差点を渡り左折、「蕎麦きりみよた」と「PORSCHE」の間の路地を入った右手に「清水湯」の看板が見えてきます。流石、表参道w

f:id:kenichirouk:20190916211245j:plain

「清水湯」は創業110年を数えますが、2009/4/22 リニューアルOPENしたデザイナーズ銭湯です。看板デザインもなかなかお洒落です。

f:id:kenichirouk:20190916212645p:plain
早速入口の券売機でチケットを購入し、受付を済ませます。

f:id:kenichirouk:20190916212714j:plain

ロビーも超絶洒落おつです。

f:id:kenichirouk:20190916212915j:plain

暖簾もシンプルながらビビットなデザインです。

f:id:kenichirouk:20190916213052j:plain

それでは早速浴室へ向かいます。

 

清水湯さんのお湯は全て軟水を使用している為、肌触りが柔らかくなめらかです。 

<温浴>ジェット&ミクロマットバス、高濃度炭酸泉、シルク風呂
沐浴を済ませ、まずは内湯のジェット&ミクロマットバスで全身マッサージします。

f:id:kenichirouk:20190909175513j:plain

血行が良くなってきたところで高濃度炭酸泉とシルク風呂コーナーへ。

f:id:kenichirouk:20190909175747j:plain

手前側が高濃度炭酸泉、奥側がシルク風呂です。
シルク風呂には檜の間伐材が浮かべてあり、檜の良い香りが漂っていました。
順番に湯巡りして徐々に体幹を温めていきます。
ここには休憩椅子も用意されており、この後のサウナの行程が楽しみになります。

 

<サウナ>コンフォートサウナ、水風呂

コンフォートサウナはガス遠赤外線ヒーターに蒸発皿を組み合わせ、室温80℃前後、湿度25~30%の快適なサウナ室の環境を創り出しています。

f:id:kenichirouk:20190909174211j:plain

室温はコンフォートサウナにしては高目の92℃、適度な湿度も相まってみるみる発汗します。

ちなみに本日女湯はロッキーサウナだったようです。
ロッキーサウナはサウナストーンにオートロウリュでミストが発生する仕様。

f:id:kenichirouk:20190909180728j:plain

今度は男湯がロッキーサウナの日にも来てみたいですね。
※コチラはサウナ・スパプロフェッショナルの私が紹介するサウナいろいろ↓

yukatsu.hatenablog.com

水風呂は20℃前後ですが、排水口側の浴槽壁面に吐水口があり、新鮮な水が注がれていて、爽快にクールダウン出来ます。

f:id:kenichirouk:20190909174434j:plain

 

最後は高濃度炭酸泉で再度温まってから、お洒落なレインシャワーでサッと流して上がりました。

f:id:kenichirouk:20190909180024j:plain

 

帰りに振り替えると宵闇に浮かぶ「清水湯」がカフェかレストランのようでした。

f:id:kenichirouk:20191207133843j:plain

 

お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。