湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

みどり湯|自由が丘|ジオラマで見る、昭和・江戸銭湯展|湯活レポート(銭湯編)vol52

f:id:kenichirouk:20190727193856p:plain

midoriyururi.com

f:id:kenichirouk:20210421054735p:plain

Google マップ

【入浴日】2019/7/27

1.gallery yururi

本日は町田忍先生の「ジオラマで見る、昭和・江戸銭湯展」を見に自由が丘の「gallary yururi」へお邪魔しました。

f:id:kenichirouk:20190726053138j:plain

みどり湯の隣のこちらの青暖簾が「gallery yururi」です。

f:id:kenichirouk:20190727193939p:plain

ジオラマは全部で5点ほどありましたが、是非実物を見て頂きたいので、代表的な一点のみご紹介したいと思います。

f:id:kenichirouk:20190727194600p:plain

こちらは東京都大田区の代表的なThe宮造り銭湯「明神湯」の模型です。建物内外観も精巧に作り込まれていて、裏手からも中の様子を見る事が出来ます。歴史的なジオラマを含め、精巧なジオラマが他にも多数あり、興味をそそられます。

本日は町田先生も在廊されていらっしゃり、持参した著書にサインを頂きました。

f:id:kenichirouk:20190727195536p:plain

ご自身の似顔絵も入っていてなかなかチャーミングなサインです^^

 

2.みどり湯

みどり湯のロビーに入ると番台にもゆっぽくんやミニジオラマが飾られています。

f:id:kenichirouk:20190727200722p:plain

番台で入浴料を支払い脱衣所へ向かうと、入口に涼しげなスイカの額縁絵があり、正面に緑地の壁に白の大文字で「おとこ」と書いてありましたw

f:id:kenichirouk:20190727200845p:plain

 

浴室内に入ると正面に銭湯絵師  中島盛夫氏の手による富士山の絵が大迫力で入浴客を出迎えます。麓の咲き乱れる桜、波打ち際の白波が清々しい気分にさせます。

f:id:kenichirouk:20190726053902j:plain

ちなみにコチラは東京銭湯Webサイトに掲載されていた女湯の赤富士↓

f:id:kenichirouk:20190726054254j:plain

芸術鑑賞はここまでにして、沐浴を済ませ早速お湯を頂きます。


<温浴>バイブラバス、3連ジェットバス40℃

正面左手のバイブラバスと右手のジェットバスで凝りをほぐし、しっかり体を温めてからサウナ室に向かいます。


<サウナ>サウナ98℃、水風呂22℃

みどり湯さんのサウナは2段タワー型のガス遠赤外線サウナ。
98℃と高目の温度でスムーズに発汗します。

f:id:kenichirouk:20190726061018j:plain

水風呂は22℃と然程キンキンではないですが、19~20℃の新鮮な水が掛け流されており、水道付近に陣取って、犬かきのように両手で体幹に新鮮な水をゆらゆらと送る事で、自分流にクーリングする事が出来ます。

本日はこの後、はしご銭湯を考えていた為、控えめに3分、5分、7分の3セットを楽しみました。

仕上げはバイブラバスでヒートアップして、ボディーシャワーでシャッキリしました。

 

1湯目のみどり湯さんで銭湯&サウナを堪能しましたので、2湯目はももの葉湯に浸りに行きたいと思います。本日もいい湯をありがとうございました!

 

「ジオラマで見る、昭和・江戸銭湯展」は2019/7/31(水)までです。

お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、公式Webサイト・他より拝借しております。

※コチラは2湯目の学芸大学「千代の湯」のももの葉湯入湯編↓

yukatsu.hatenablog.com