湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(その他編)No3.氷川台「氷川台接骨院・玉川温泉岩盤浴」

f:id:kenichirouk:20190720124405p:plain

hikawadai-sekkotsu.jp

【体験日】2019/1/20

【所在地】東京都練馬区氷川台3-24-23

Google マップ

 

この日は氷川台に玉川温泉の岩盤浴があるという事で夫婦揃って出掛けてきました。

f:id:kenichirouk:20190720124837p:plain

玉川温泉岩盤浴とは・・・

www.tamagawa-onsen.jp

秋田県玉川温泉の岩盤からは微量放射能が出ており、この低線量放射線を浴びる事で、ホルミシス効果 *1が得られるそうです。また、温熱効果で血行を改善し、深部体温が1℃上昇すると基礎代謝は10%以上あがり、人間の本来持っている免疫力・自然治癒力が50~60%も上昇すると言われています。

こちらではこの『秋田県玉川温泉』の湯の花を使用したセラミックを使用し、現地と同じラドン222が出ている岩盤浴ベッドを用意し、この中で温熱療法が出来るという仕組みです。

 

早速体験してみます。

f:id:kenichirouk:20190720130006p:plain

ベッド脇にはウォーターサーバーが置いてあり、自由に飲むことが出来ます。
利用時間は30分、前後の着替えと併せて45分程度です。 
利用時間中、ラジウムやラドン浴は呼気から最も効率よく吸収されるとの事から、静かに鼻で深呼吸します。開始15分ほどでじっくり汗が出始め、30分経過する頃には、岩盤浴着がしっとりする程発汗しています。ただ、この汗は夏場の湿気の多いジメジメした汗ではなく、サラサラしていますので、軽く拭けば大丈夫です。

 

体験後にもコップ1杯のミネラルウォーターを頂き、水分補給しました。

 

値段は1回1,800円と決して安くはないですが、確かに体験後は湯浴ともサウナとも違う爽快感がありましたので、ご興味のある方は是非お試しください。