湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

えごた湯|新江古田|リニューアル前/後|湯活レポート(銭湯編)vol49

f:id:kenichirouk:20210905194653j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20210905194956p:plain

Google マップ

【アクセス】

えごた湯さんへは、自宅からはチャリンコなのですが、電車で来られる方の為に最寄りの都営大江戸線 新江古田駅からのアクセスも紹介しておきます。
まずはA2出口を出て、目白通りを渡り正面の江古田通りへ。

f:id:kenichirouk:20210905195047j:plain

江古田三丁目バス停の先の信号を左折。

f:id:kenichirouk:20210905195207j:plain

駅から徒歩ですと10分程度で路地の左手にえごた湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210905195351j:plain

 

【入浴日】2021/10/17:ピンクリボンの湯

f:id:kenichirouk:20211018053006j:plain

この日は週末チャリ銭にて、家族でえごた湯さん再訪。
来てみて分かったのですが、この日はピンクリボンの湯*1でした。

f:id:kenichirouk:20211018053220j:plain

www.jcancer.jp

さて、浴室内のレイアウトその他は下記のリニューアル初日のレポートも併せてご参照ください。本日の気づきは以下の通り。

・メインバス
ピンクリボンの湯。想像以上にショッキングピンクw
心地よい浴感で湯面が揺れる度に天井に映ったピンク色が揺らめき不思議な気分。

・高濃度炭酸泉
32℃と不感温帯よりも低めに設定され、少しひんやりと感じる湯温帯。
炭酸ガスは高温になるほど揮発する為、良く思い切った設定にされたなと感心。
サウナ後の水風呂とのコンボで冷冷交互浴も良くマッチします。

・遠赤外線サウナ
初日はセッティングに苦慮されていらっしゃいましたが、この日は95℃と安定。
老若男女、家族連れも利用する事を考えるとほぼベストな温度設定かも。

・青の洞窟風水風呂
男湯の水温は15℃。ちなみに女湯の水温は15℃切っていたそうです。
銭湯の水風呂としてはかなり強冷の部類。
特に女湯では希少なエクストリーム温冷交互浴が楽しめる設定かも。

この日は週末という事もあり、賑わいも見せており、以前からの常連さん、家族連れ、若者と幅広い層が集い、リニューアルが上手く効を奏したのではと、ご近所銭湯の健在ぶりにちょっぴり嬉しい気分になってえごた湯さんを後にしました♨

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました!

 

【入浴日】2021/9/5:新生「えごた湯」

この日はリニューアルOPEN初日の「えごた湯」さんへ行って参りました。
リニューアル前は「江古田(えごた)湯」さんでしたが、隣の練馬区にも「江古田(コチラはえこだ)湯」があり、紛らわしい為、今回のリニューアルの際に思い切って屋号も改められたようです。いつもの経路でお伺いし、えごた湯さんに到着。

f:id:kenichirouk:20210905194653j:plain

建物裏手で改めて新屋号が書かれた白亜の煙突を仰ぎ見てみました。

f:id:kenichirouk:20210905195900j:plain

表口からは階段を下り、半地下に降りたところに玄関がありますが、裏口からはこちらの看板脇の路地に入って建物をグルリと回ったところが玄関です。

f:id:kenichirouk:20210905200110j:plain

それでは真新しい暖簾を潜って中へお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20210905201741j:plain

入浴券は入口の券売機で求めるスタイルに変わっていました。

f:id:kenichirouk:20210905202040j:plain

祝い花に彩られたロビー。

f:id:kenichirouk:20210905202116j:plain

今回えごた湯さんを手掛けられたのは、「銭湯空間」の著書でも有名な今井健太郎建築設計事務所の今井健太郎先生ですが、この日はリニューアルOPENを見守る為にいらっしゃり、お話を伺う事が出来ました。今回のコンセプトは『ジオ銭湯』。半地下ビル型銭湯の特性を活かして洞窟の中をイメージしたようなアースカラーと水を強調したデザインとなっているとの事です。
※右手が湯活のススメ管理人、左手が今井健太郎先生です。

f:id:kenichirouk:20210905202636j:plain

※コチラはこれまでの今井健太郎建築設計事務所の手がけた銭湯のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

 

それでは何はともあれ、受付を済ませて浴室へ参ります。
実は今回、OPEN1時間前にお邪魔し、ご主人にご了承頂き、浴室内の様子も撮影させて頂きましたので、そちらの写真を交えてレポートさせて頂きます。

まずはリニューアルOPENを静かに待つえごた湯さんの心臓部。

f:id:kenichirouk:20210905204203j:plain

間接照明に照らされた脱衣場。アースカラーでゆっくり地下に降りているイメージ。

f:id:kenichirouk:20210905203328j:plain

準備を済ませたら浴室へ。奥へ深く照度は抑え目の落ち着いた浴室。

f:id:kenichirouk:20210905203538j:plain

いつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は奥にサイドジェットバスとジェット座風呂、電気風呂が並ぶメインバス。
手前が高濃度炭酸泉。まずはメインバスで軽く温まり高濃度炭酸泉でじっくり温まります。浴槽の奥の壁が手前側に斜めに造作されており、湯面が壁と天井にゆらゆらと映り込んで、さながら洞窟の秘湯気分。

f:id:kenichirouk:20210905203948j:plain

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
えごた湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは82℃。
ご主人曰く温度のオート設定機能に不具合があり、手動で温度を上げていますとの事。OPEN初日にはトラブルは付き物。初日あるあるです。サウナ室の壁は贅沢に檜が張り巡らされており、OPENしたての白木の薫りが素晴らしいです。

f:id:kenichirouk:20210905204838j:plain

マイルドなサウナでしたが、その分じっくりサウナ浴に取り組めました。発汗後はサウナ室隣のオーバーヘッドシャワーで汗を流し、そのまた隣の青の水風呂へ。
こちらは青いライトに照らされた深い浴槽で水温17℃。

f:id:kenichirouk:20210905205200j:plain

f:id:kenichirouk:20210905205035j:plain

休憩はサウナ室前のベンチか脱衣場の休憩椅子をお好みで。
この日はリニューアル初日で混んで来た事もあり以下2セット。

・遠赤外線サウナ10分⇒青の水風呂1分⇒休憩3分
・遠赤外線サウナ12分⇒青の水風呂1分⇒休憩5分

仕上げは高濃度炭酸泉でゆったり温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

先に書いたようにOPEN1h前に中の模様を撮影した際に女湯側も撮らせて頂きましたので、そちらの写真も掲載しておきますね。

f:id:kenichirouk:20210905205705j:plain

女湯・脱衣場

f:id:kenichirouk:20210905205738j:plain

女湯・浴室

f:id:kenichirouk:20210905205810j:plain

女湯・洗い場(ハンドシャワーもハイグレード、奥に休憩用ベンチ)

f:id:kenichirouk:20210905205920j:plain

女湯・浴槽

f:id:kenichirouk:20210905205959j:plain

女湯・サウナ

f:id:kenichirouk:20210905210052j:plain

女湯・オーバーヘッドシャワー

f:id:kenichirouk:20210905210134j:plain

女湯・水風呂

こちらも素晴らしいですね。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
まずはご無事の改装リニューアルOPENおめでとうございます!
自宅近くなので、今度は家族で伺いたいと思います。

 

【入浴日】2019/7/13:旧「江古田湯」

f:id:kenichirouk:20210904165043p:plain

1.ランチタイム「好々亭」

この日はランチで学生時代に通った江古田の洋食の名店「好々亭」さんへ。

料理写真 : 好々亭 (こうこうてい) - 江古田/洋食 [食べログ]

f:id:kenichirouk:20190713140829p:plain

どのメニューもボリュームたっぷりですが、本日はサービス定食を頂きました。

ご飯がお櫃で出て来ますw

f:id:kenichirouk:20190713140850p:plain

サービス定食

ハンバーグに唐揚げ、豚生姜焼きに洋食の定番ナポリタンが添えられ、味噌汁、香の物にお櫃で出て来るご飯、1,000円でこのボリューム、味も量も大満足です。

 

2.江古田湯

さて、お腹を満たしたところで、本日は雲行きも怪しいので、近場の銭湯へチャリ銭に出掛ける事にしました。向かった先は中野区の「江古田(えごた)湯」さん。
新江古田駅を過ぎて江古田通りを下り左手に折れた路地に「江古田湯」さんの黄色い看板と聳え立つ煙突が見えてきます。この看板下の路地を建物沿いに進んだ地下に江古田湯さんの入口があります。知る人ぞ知るビル地下の隠れ家銭湯です。

f:id:kenichirouk:20190713213525p:plain

ロビーには山々が映る湖の絵と数々の表彰状が飾られています。

f:id:kenichirouk:20190713213842j:plain

 

早速浴室に入ると正面に水平線から昇る真っ赤な太陽と、波間に揺れるヨット、大空を舞う海猫の珍しいタイル絵。浴槽の向こうから「ミャアミャア」という鳴き声が聞こえて来そうです。

浴室の壁面は藤の花が彩り、白を基調に落ち着いた空間です。

いつも通り沐浴を済ませ、湯巡りへ♪

<温浴>ミクロバイブラ、エレキマッサージ、ポイントマッサージ(2連)

f:id:kenichirouk:20190713114555j:plain

本日は遠赤外線効果で血行を促進し、アルカリイオンで美肌効果のある備長炭風呂でした。ポイントマッサージで凝りをほぐし、ミクロバイブラで揺られ、エレキマッサージの電浴に痺れて血行もよくなったところで、シャワーでザっと洗い流して上がりました。

f:id:kenichirouk:20190713213140j:plain

銭湯に珍しいうたせ湯もありましたが、何度押しても長押ししても動作せず、帰りに番台に伝えたところ、意外そうな反応でしたので、今日は調子が悪かったのかも知れません。今度調子のよい時に再チャレンジしてみようと思います。

 

3.日本大学藝術学部ホームカミングデー

今年は母校 日大藝術学部 演劇学科創設70周年に当たるとの事で、久方ぶりに練馬区の江古田に移動し、母校の校友会に顔を出してみました。

日大藝術学部(以下「日藝」)は江古田開校から80年、平成元年に所沢校舎を増築し、令和元年に江古田校舎に再統合されます。懐かしい顔ともチラホラ再開し、昔話に花が咲き、最後に記念撮影も取りました(※最近は個人情報もありますので、写真は割愛します)

懇親会入口に校友会が寄贈した日藝百年史が飾られていました。

f:id:kenichirouk:20190713214607p:plain


中野区新江古田の「江古田湯」さん、練馬区江古田の「好々亭」さんへも、お近くへお立ち寄りの際は是非♪
※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。
※コチラは練馬区の「江古田(えこだ)湯」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

※コチラはその他の新江古田銭湯の入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

*1:ピンクリボン活動は、公益財団法人 日本対がん協会が乳がん征圧を目的として始めた啓蒙活動で、ピンクリボンの湯にはバストケアに有効な6つの天然生薬を配合した文字通りピンク色の入浴剤配合の湯です