湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

SAUNA&co|蔵前|湯活レポート(サウナ編)vol99

saunaandco.jp

【所在地】東京都台東区蔵前4-21-2 FOCUS KURAMAE

Google マップ

【入浴日】2022/7/11

アクセス

SAUNA&coさんの最寄駅は、都営浅草線か大江戸線 蔵前駅。
駅名は同じですが、構内接続は無く出口も別々。この日は行きは都営浅草線、帰りは都営大江戸線を使いましたので、その両方のアクセスを紹介しておきます。

<都営浅草線>
まずは蔵前駅A0出口を出て左手方向へ。

すぐ次を右折し国際通りへ。

その先一つ目の蔵前小学校交差点の信号を左折。

駅から徒歩3分程でSAUNA&coさん到着。

<都営大江戸線>

蔵前駅A6出口を出て右手方向へ進み、一つ目の信号を右折して江戸通りへ。

下の居酒屋、古本屋、家系ラーメンが並んだ先を右折。

暫く進むと駅から徒歩5分程でSAUNA&coさん到着。

 

SAUNA&co

この日は会員制サウナ&宿泊施設「SAUNA&co」さんへ行って参りました。
SAUNA&coさんは会員制ですが、非会員もビジター料金で利用可能です。
ちょっと分かり辛いですが、FOCUS KURAMAEビルが見えたら玄関脇の置き看板を確認して店内へ。1Fはカフェスペースの為、戸惑いますが、受付でサウナ予約の旨を伝えれば、スムーズに案内して頂けます。

この日はaroma roomを予約し、以下3種のアロマからモーニングをチョイス♪

・モーニングブレンド:柑橘系のアロマオイル
・ナイトブレンド:ラベンダーのアロマオイル
・フォレストブレンド:ヒノキのアロマオイル

それでは受付を済ませてサウナ室へ参ります。サウナ室は2Fですね。

こちらが2F SAUNA&coさんの入口。ここで下足箱に靴を入れて中へ。

一番手前がtea room(~2名まで利用時間70分)※以下2種のアロマから選択可。

・ルイボスティーのアロマオイル
・緑茶のアロマオイル

真ん中が&co room(~3名まで利用時間90分)※aroma、tea両方のアロマ選択可。

そして奥が予約したaroma room(~2名まで利用時間70分)※冒頭の3種のアロマ。

さて、ココから、SAUNA&coさんは貸切の個室サウナですので、施設のご了承を得て撮影させて頂いた写真を交えてレポートを続けさせて頂きます。

aroma roomも2名まで利用可能なので、個室サウナとしては広めでお洒落です。

間接照明に照らされたシャワーブースも何だかスタイリッシュ。

まずはシャワーで全身お清めも済ませたところで、早速サウナ室へライド温🔥
かなり薄暗い室内の為、ナイトモードで撮影。渋くて落ち着く空間です。

SAUNA&coさんのサウナは、最近個室サウナでは良く見かけるようになったフィンランドMISA社製のサウナストーブを使用の本格派。

この日のコンディションは90℃。

セルフロウリュ可能で、予め投入して頂いた柑橘系のモーニングのアロマ水をストーブに注ぎます。ジュジューッ、ジュワワーッと沸騰水が爆ぜる音と共に、コンパクトな室内に熱い蒸気が降り注ぎ一気に灼熱の空間に。

発汗後の水風呂は、浴槽に水を貯めて氷で温度調節するタイプですので、利用時間を効率よく使う為にも沐浴中等のアイドルタイムを使って準備しておきましょう。
カランからの水温は20℃程ですが、保冷バックの氷を全部ぶち込んだら推定17℃程の程よくキンキンの水風呂が完成。独り占めなので、ゆったりクールダウン出来ます。

クールダウン後は、観葉植物に囲まれた休憩椅子でととのいタイム

70分コースでしたが、この日は詰め込み気味に以下3セット。

・サウナ5分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは熱めのシャワーで軽く流して部屋を出ました。

時間ギリギリでしたので、髪を乾かす暇がありませんでしたが、利用時間後も女性はそのまま2Fの、男性は2つ上がった4Fのパウダールームが利用可能です。

こちらが4F入口。ゲストルームにパウダールーム、シャワーがあります。

4Fはゲストルームなので、サウナフロアとはまた違った雰囲気です。

4Fパウダールームには無料で使えるドライヤーもありますので、こちらで髪を乾かさせて頂く事が出来ました。

もっと時間が無い場合は、4Fのシャワーブースを借りてサウナ後の頭髪ケアでコンディショナー等も利用出来そうですので、嬉しいサービスですね。

本日も良きサウナをありが湯ございました。
SAUNA&coさんは、HPからの事前予約制です。気になる方は是非ご予約を♪

マジェスティ御成門クラブ|湯活レポート(サウナ編)vol.98

majesty-onarimonclub.jp

【所在地】東京都港区西新橋3-23-16

Google マップ

【入浴日】2022/7/7

 

この日は会員制フィットネス&24hサウナの「マジェスティ御成門クラブ」さんがビジター利用を受け付けていらっしゃるという事でお邪魔して参りました。
マジェスティ御成門クラブさんの最寄りは屋号の通り、都営三田線 御成門駅。
駅構内にマジェスティ御成門クラブのポスターを発見し、サウナ気分が上がりますw

まずはA5出口を出て、そのまま道なりに日比谷通りを直進。

中華料理 金福園の先の路地を左折。

駅から徒歩3分程でマジェスティ御成門クラブさんの看板が見えて来ます。

マジェスティ御成門クラブさんは、通常会員制フィットネス&サウナですが、サウナのビジター利用も受付されており、HPからの申し込みで60分¥2,900、90分¥3,900と個室サウナとしてはリーズナブルな価格で利用出来る点も嬉しいポイントです。

この日は時間に余裕があった為、90分コースを申し込み、フロントで名前を伝え受付を済ませると、貸切サウナ室入室用のカードキーを渡されます。
エントランスロビーでロウリュ用アロマ、大小タオル他をお借りしサウナフロアへ。
ちなみにアロマは、テスターが置いてあり以下5種類から好みの香りを選べます。

・BLOOM(ラベンダーフレンチ)
・FLOW(ベルガモット)
・FOREST(ブラックスプルース)
・MEDITATION(ティートゥリー)
・REBONE(ローズマリー)

普段は柑橘系の香りをチョイスする事が多いですが、夏場はサッパリした香りを好む傾向で、この日はティートゥリーのアロマをチョイス。

こちらのEVでサウナフロア(2・3・4Fがサウナフロアです)へ。

EVを降りると、流石に会員制クラブだけあり、フロアの造りもゴージャス!

この日案内された307Rの前でカードキーをかざし、いざ個室サウナの世界へ!
※この先、貸切サウナですので、施設のご了承を得て撮影した室内の写真を交えレポートを進めます。

ドレッサーには一揃いのアメニティが揃っています。
部屋にはTVもあり、映像、音響から空調、照度に至るまで全て自分好みに調整可。

個室サウナでは珍しいですが、個室サウナ室内にWCもあります。
それにしても何でしょう、このウォシュレットのボタンのお洒落さw

さて、それではいつも通りシャワーブースでお清めを済ませ、サウナ室へライド温🔥
赤いLEDライトに彩られたコンパクトなサウナ室。

マジェスティ御成門クラブさんのサウナはサウナストーンを利用した本格的なフィンランドサウナで、この日のコンディションは94℃。

勿論セルフロウリュも可能で、用意したティートゥリーのアロマをバケット*1に投入しサウナストーンに向けてロウリュ!ジュワーッと爽やかな香気が室内に広がり、高温の熱雲が対流でジワジワ頭上から降り注いで来ます。

発汗後、シャワーブースの冷水シャワーと書かれたボタンを押すと・・・

頭上のオーバーヘッドシャワーから15℃の冷水が降り注いで来ます。
ガンガンに熱せられた後は、この冷水シャワーが堪りません。脳天から浴びる事で、プチ滝行気分も味わえちゃいますw

クールダウン後は、部屋に用意された休憩椅子でととのいタイム。

頭上のサーキュレーターをガンガンに回し、そう言えばTVがあったと思いTVの電源をONにしてみると、何故だか偶然にもサウナの特集番組がwww

暫し見入っちゃいましたが、制限時間もある為、2セット目へ。
結局この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒冷水シャワー0.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒冷水シャワー0.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒冷水シャワー1分⇒休憩5分

サウナセッション後は、熱で痛めた髪をトリートメントし、熱めのシャワーで流しつつ軽く温まってから上がりました。

 

本日も良きサウナをありが湯ございました。
マジェスティ御成門クラブさんは、HPからの事前予約制です。
気になる方は文頭のHPより是非ご予約を♪

*1:ロウリュ用の水が入れられたバケツ

個室サウナLittle Retreat|赤坂|湯活レポート(サウナ編)vol97

sauna-lr.com

【所在地】東京都港区赤坂6-3-15 J-AKASAKA6F

Google マップ

【入浴日】2022/7/28

 

この日は赤坂に2022/7/23グランドオープンした「個室サウナLittle Retreat」(以下「Little Retreat」)さんへ行って参りました。Little Retreatさんへのアクセスは、最寄りの千代田線 赤坂駅6番出口を出て、目の前の赤坂通りを左手方向へ。

駅から徒歩2分程で通りの左手にLittle Retreatさんが入居するJ-AKASAKAビル。

J-AKASAKAビルは雑居ビルというか、所謂Barビルですが、目指すLittle Retreatさんは同ビルの6Fです。

1F中国料理かおたん前のEVで目指す6Fへ。

6Fで降りると2つ入口がありますが、EVに近いコチラのオレンジの暖簾が受付。
フロントで事前予約の旨を伝え、サウナエリアへ案内して頂きます。

下の茶色の暖簾の先が予約した者だけが入れるサウナエリア。

 

さて、ココからはLittle Retreatさんは、予約制個室サウナの為、施設のご了承を得てサウナエリアも撮影させて頂きましたので、そちらの写真でレポートを進めます。

こちらがサウナエリアの共有フロア。

そしてコチラは6Fのフロア案内図。

この日案内されたのは、Room1。

扉を開けると下のような感じ。手前がドレッサー兼荷物置き場で、バスエリアの右手がサウナ室、その奥がシャワーブース、水風呂。

まずはシャワーブースで全身丁寧にお清め。

サッパリしたところで、早速サウナ室へライド温🔥
Little Retreatさんのサウナは、リクライニングチェアがサウナ室内にあるのが特徴。

サウナストーブは、サウナストーンを使用した本格派。

セルフロウリュ可能で、ストーブにアロマ水を注ぐと、フワリとアロマが香ります。

この日のコンディションは85℃程でしたが、ロウリュで体感温度を上げるタイプで、リクライニングシートで寝姿勢に近い形で降り注ぐ蒸気を受ける為、目を閉じていると南国ビーチでの日光浴気分。リクライニングチェアで日差しを受けると、時折直射日光が肌を刺すような刺激的な熱さのあの感じw

さて、発汗後はサウナ室奥の壺水風呂へ。右手が常温のカランで左手がチラーで冷やされた吐水口。右手のカランで水位調整し、循環させながらチラーで冷やしているとの事。入室時はカラン全開で壺水風呂から完全にオーバーフローしていましたw

全身を沈めると、当然勢いよく溢れますが、それ以上注水しても溢れるだけなので、初回体を沈めたら右手のカランの栓は閉めて後は、チラーで冷えるに任せます。

最初は22℃程でしたが、最後は17~8℃の程よい冷水に。
※写真は途中で撮影した水温計で、この時点では19℃を指していました。

クールダウン後は、サウナ室前に用意された休憩椅子でととのいタイム。
頭上のサーキュレータを稼働させれば、心地よい冷風が全身を撫でていきます。

ドレッサーにあるデトックスウォーターもフリーの為、水分補給はコチラで。

この日は70分のショートコースでした為以下2セット。

・サウナ10分⇒壺水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒壺水風呂1.5分⇒休憩5分

個室サウナは、時間制の為、10分前になると内線コールがある所が多いですが、コチラはサーキュレーターの下のTime’s UPの照明が点灯するスタイルw

仕上げはサウナで乾いた紙をリンスインシャンプーでケアしつつ、熱めのシャワーで軽く温まり直してから上がりました。

 

湯上り後は、サウナ室内のドレッサーで身支度を整えますが、ドライヤー等は予約時間外でもサウナエリアの共有ドレッサーが使える点も嬉しいですね。

本日も良きサウナをありが湯ございました。
Little Retreatさんは、HPからの事前予約制です。気になる方は是非ご予約を♪

泉サウナ|静岡|湯活レポート(サウナ編)vol96

coubic.com

【所在地】静岡県静岡市駿河区泉町3-22

Google マップ

【入浴日】2022/7/22

 

この日は静岡サウナ散歩2湯目に「泉サウナ」さんへ行って参りました。
泉サウナさんへは、静岡駅南口駅前ロータリーの先の道を右手方向へ。

正面に餃研が見えて来たら、そこの五差路は餃研の左手の道を進みます。

そのまま道なりに進むとビジネスホテル 東横INNが見えて来ます。

駅から徒歩5分程、東横INNのお隣が泉サウナさん。

扉が二つありますが、右手は上階の居住宅で左手が泉サウナさんの入口。

玄関を開けると、入口には大きな注連縄。廊下の奥右手が受付です。

受付周辺にはグッズ類等も販売されています。
泉サウナさんは、貸切の予約制サウナなので、受付で名前を告げてサウナ室へ。

ここからは貸切制サウナですので、施設にご了承を得て撮影したサウナ室内の様子も交えてレポートを進めて参ります。

 

サウナ室手前には更衣室兼ドレッサー。
棚には大小タオルや髭剃り、歯ブラシ等のアメニティが用意してあります。

準備を済ませたら、浴室へLet’s Go♪
白木が美しい浴室内。正面が露天の外気浴デッキで解放感があります。

この日2湯目ですので、洗い場でのお清めは簡潔に済ませます。

お清めでサッパリしたところで、まずは下茹ででお風呂へライド温♨
浴槽は手前がお風呂で奥が水風呂です。

タップリのお湯で体を温めたところで、いざサウナ室へ。
奥に広く、洞窟状の仄暗いサウナ室。

この日のコンディションは112℃と煉獄系の激熱サウナ。

セルフロウリュも可能でアロマ水は静岡だけに緑茶。
ロウリュすると、高温の蒸気が狭い洞窟状のサウナの上空から降り注いできて肩口や乳首が焼かれるような強烈な熱さが全身に噛みついてきます。

発汗後は露天外気浴デッキ手前の水風呂へ。こちらは水温13℃とキンキン!
浴槽内に新鮮な冷水が湧き出るポイントが有り、体を委ねると屋号通り泉の湧き水に体を浸すような爽快感が味わえます。

温度差100℃近くの温冷交互浴後は露天の外気浴デッキへ。
外気浴デッキには4基のインフィニティチェアが用意されていて好みの席で休憩。

インフィニティチェアで切り取られた青空を眺めながらととのいの向こう側へ。

サウナセッションの合間に外気浴デッキ手前のウォーターサーバーで水分補給。
こちらのサーバの水も良く冷えていてキリッと乾いた喉を潤してくれます。

この日は時間一杯、以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒水風呂1分⇒外気浴デッキ3分
・サウナ7分⇒水風呂1分⇒外気浴デッキ3分
・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒外気浴デッキ5分

貸切個室サウナでは10分前に内線コールがある所が多いですが、泉サウナさんでは10分前になると浴室内に大音量の蛍の光のBGMが流れますwww♬♬
仕上げは湯船で再度温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

湯上り後は、廊下の左手に琉球畳の休憩スペースがあり、暫し休憩も可能。
スマホの充電が出来たり、ドリンクの注文も出来るようです。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
泉サウナさんは貸切制のサウナですので、事前予約が必要です。
ご興味のある方は、HPよりご予約の上お出かけください♪

※この日1湯目に立ち寄ったサウナの聖地「サウナしきじ」の入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

サウナしきじ|静岡|サウナの聖地|湯活レポート(サウナ編)vol95

www.saunashikiji.jp

【所在地】静岡県静岡市駿河区敷地2-25-1

Google マップ

【入浴日】2022/7/22

 

この日はサ道第6話でも紹介され、サウナーの間でも聖地と目される静岡の「サウナしきじ」まで遠征して参りました。

www.tv-tokyo.co.jp

サウナしきじさんへは、静岡駅北口11番バス乗場より路線バス乗車。

バスに揺られる事30分弱、終点の登呂コープタウンバス停で下車。
※通りの向かい側等にはバス停は無く、帰りのバスも同じバス停から出ます。

バス進行逆方向に向かうと、バス停から徒歩2分程でサウナしきじさん到着。

流石サウナーの聖地と言われるだけあって入口から尋常じゃない数のサインが、、、

フロントではしきじグッズの数々が売られています。

券売機で入浴券を購入し、下足箱の鍵と一緒にフロントに預け、ロッカーキーを受け取ります。このロッカーNoと浴室前の棚も同じ番号を使用する仕組みです。


さて、準備を済ませたら、いざ浴室へLet’s Go♪
想像してたよりもコンパクトな浴室。正面にカランが並ぶ壁、その手前に10脚のととのい椅子と2脚のベンチシート。右手に浴槽が並び左手にはサウナ室。

まずはいつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは両サイドにバイブラ、センターに2本のジェットバス。
右手奥がしきじ特製「漢方薬草風呂」。緑茶色の薬湯には、マツフジ、オオバコ、ドクダミ等10種の薬草成分が溶け込み、生薬の香りに包まれる至福のバスタイム。


漢方薬草風呂で温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
サウナしきじさんのサウナは2種。まずは当帰、川弓、艾葉、薄荷、経皮、三百草、丁香の7種の漢方薬草を独自調合した薬袋がサウナ室に吊るされた薬草サウナへ。
床面からスチームが湧き上がるスチームサウナでこの日のコンディションは60℃。
湿度は100%近く、動くとアチアチの蒸気が情け容赦なく噛みついて来る感じ。

2セット目からはフィンランドサウナへ。コチラはロッキーサウナでこの日は104℃。
対流熱で上部から灼熱の熱気が下りて来て身を焦がす、これぞ昭和ストロングサウナという感じの王者の風格を漂わせるサウナ。

発汗後はサウナーの間で随一と噂の天然水水風呂へ。水温は17℃程で安定。

しきじが聖地と目されるのは偏にこの天然水水風呂によるところが大きいです。

頭上3mの高さから滝水が降り注ぎ、さながら滝行のように脳天から冷水を浴びたり、打たせ水のように首筋や肩口で受けて水流マッサージしながらクールダウンも。
ちなみに吐水口からの水は飲めますが、滝水は循環の為、飲めませんw
カルシウムやマグネシウムを含む為、軽いキシキシ感も感じられズッシリと全身を受け止めてくれるような浴感。試しに吐水口の水に口を付けてみると、くせのないクリアな味覚でスイスイ飲める感覚でした。
※浴室入口にはウォーターサーバーも用意されているので、メインの水分補給はそちらで。

平日早朝にも関わらずかなり来客はありましたが、水風呂も広く、ととのい椅子が10脚、ベンチシートも2脚あるので、待つという事はありませんでした。
この日はお陰様で充実した以下3セットを満喫。

・薬草サウナ10分⇒天然水水風呂1分⇒休憩3分
・フィンランドサウナ10分⇒天然水水風呂1分⇒休憩3分
・フィンランドサウナ12分⇒天然水水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは漢方薬草風呂で再度じっくり温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

サウナ後は館内着を着て2Fレストスペースへ。

プロサウナーが選ぶ極楽サウナBEST1に選出された記事や・・・

しきじの娘 笹野美紀恵さんと銭湯大使 奥野靖子さんの東京新聞の対談が貼られていたりと、改めてマスコミも注目するサウナーに愛される施設である事を再認識。

ドレッサーも2Fにある為、こちらでドライヤー等は利用しましょう。

さて、身だしなみもととのえたところで、この日は始発でお邪魔し、朝食もまだでした為、こちらでサ飯*1を頂くことに。

沢山あるメニューの数々から、この日チョイスしたのはアジフライ定食。
メインのアジフライの食感はサクフワ。しきじの銘水で炊き上げたご飯やみそ汁が美味しくない訳がなく、極上の朝食タイムとなりました。

本日も良い湯、良きサウナ、最高のサ飯をありが湯ございました。
静岡方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設のご了承を得て公式HPより拝借しております。
※コチラは静岡サウナ散歩2湯目の「泉サウナ」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:サウナ後のご飯

大磯プリンスホテル THERMAL SPA S.WAVE|湯活レポート(温泉編)vol177

www.princehotels.co.jp

【所在地】神奈川県中郡大磯町国府本郷546

Google マップ

【入浴日】2022/6/29
【泉質】ナトリウム・カルシウムー塩化物強塩泉(高張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)ph7.9

ドラマ「サ道」第9話の舞台THERMAL SPA S.WAVEへ。

ドラマ「サ道」第9話で紹介され、いつかはと思っていたTHERMAL SPA S.WAVE。
コロナ禍は宿泊者限定でしたが、平日限定でランチもしくはディナーとセットのプランを解放されたと伺い、この日はランチコースを予約してお邪魔する事に。

www.tv-tokyo.co.jp

THERMAL SPA S.WAVEさんは東海道本線 大磯駅と二宮駅の間にあります。
両駅から神奈川中央バスが出ていますが、この日は大磯駅から。
JR大磯駅は、青い空に赤銅色の赤屋根が映える正に南国風のローカル駅。

駅前の1・2番バス乗場より二宮駅行きか大磯プリンスホテル行き乗車。

駅からバスで揺られる事15分程、THERMAL SPA S.WAVEのある大磯プリンスホテルの正にフロント前にバスが到着します。

大磯プリンスホテルは大磯ロングビーチを眼下に見下ろす丘陵の上に建っていますが、流石に大型ホテルだけあってデカい!まるで軍艦ビルですw

広い館内で迷子にならないように、コチラは大磯プリンスホテルの全体マップです。

 

中国料理『滄』

さて、THERMAL SPA S.WAVEへと気は早りますが、まずはランチコースから。
ランチコースは洋食の『S.DINING』と中国料理の『滄』が選べますが、この日、私がチョイスしたのは中国料理『滄』。温泉・サウナ三昧の前にエネルギーの付きそうなものをチャージしておきたかったのですよ。

全6品のコースでしたが、1品ずつは小振りなのでペロリといけちゃいました。

前菜三種盛り合わせ(左から、クラゲ、海老、合鴨の燻製)

イカと野菜の塩味炒め

豚肉細切りと苦瓜の醤油味炒め

白身魚の甘酢あんかけ

とうもろこしと鶏肉のチャーハン

デザート(杏仁豆腐)

どれも町中華と違い、繊細な味付けでしたが、自分好みの味付けで堪能させて頂きました。無事エネルギーチャージ完了ですw

 

THERMAL SPA S.WAVE:4F SPAフロア

ランチも終了したところでスパ棟へ移動し、EVでTHERMAL SPA S.WAVEへ。

EV脇には各種アメニティもありますので、必要な物はこちらでピックアップ。

こちらがTHERMAL SPA S.WAVEの館内案内図です。

まずは水着に着替え、専用ガウンを纏ったらドラマ「サ道」の舞台ともなった4FのSPAフロアへ参ります。

手始めにエクスペリエンスシャワーで全身を軽く流し、プールエリアへ。
エクスペリエンスシャワーはオーバーヘッドシャワー、滝水、打たせ水の3種を好みでチョイス出来ますので、サウナ後、プール後、その時々の気分で楽しめます。

ランチ後は血流が胃腸に集中している為、いきなりサウナにはいかず、プールエリアで暫くのんびり過ごしつつ、水中歩行、軽いスイミングで腹ごなしします。
ドラマ「サ道」ではTHRMAL SPA S.WAVEのサウナがクローズUPされますが、間違いなくTHRMAL SPA S.WAVEの目玉はインフィニティプールです。スパエリアから階段を下ってそのままプールに入るこのアプローチ!プールの向こうには眼下に広がる相模灘。プールと水平線が一体化するその絵は正にインフィニティそのもの。

水温は33℃前後と温水プールになっている為、長く浸かっていても体が冷える事はありません。心ゆくまで海と空と一体化したプール遊泳を楽しめます。

プール遊びに飽きたらテラスのジャグジーバスに浸かって一休憩。

さて、腹ごなしも済んで落ち着いた頃合いでいざ、サウナエリアへ。

THERMAL SPA S.WAVEのサウナはインフィニティプール前のカウンターに向かって右ウイングに3つ、左ウイングに1つの全部で4つ。温度の低い物から順に巡ります。
右ウイングは全てプールの採暖室を兼ねたような低温サウナです。
最初はSTONE(岩盤浴・・・45℃)でじっくり体を温めます。

中央にロッキーサウナ、周囲に黒色の岩盤を配し、岩盤浴として楽しめます。
岩盤名は分かりませんが、恐らくブラックゲルマニウムか溶岩石かと思います。

続いてHEALING (テピダリウム・・・40℃)

白い室内には水琴窟のように水が流れる音だけが響きます。座面がHOTな岩盤浴程度に温められており、瞑想しながら静かな発汗タイムが楽しめます。

右ウイングのラストはPANORAMA (パノラミックサウナ・・・50℃)
かなりマイルドなサウナでサウナというより採暖室に近い感じです。富士テラス側にある為、眼前の大海原の他、空気が澄んでいれば奥の窓から富士山が拝めます。

右ウイングのサウナはどれもマイルドな為、SNOW(アイスルーム・・・10℃)でのクールダウンを挟みつつ、マイペースで巡る事が出来ます。

その際の休憩は、こちらもホテルスパならではの贅沢レストスペースで。

カウンターにはミネラル水素水のウォーターサーバーが置いてあり、フリーで頂けますので、こちらで忘れずに水分チャージ。

ラストは左ウイングのその名もSAUNA(フィンランドサウナ・・・88℃)へ。

巨大なサウナストーブをコの字型に囲む奥に広いサウナ。
本格的なサウナ浴が楽しめますが、比較的マイルドなので、じっくり勝負出来ます。

SAUNA後のクールダウンは、エクスペリエンスシャワーで汗を流しシャワー前のCOOL BATH(20℃)へ。階段で4段下る為、深さもあり心地よくクールダウン。

この時の休憩は富士テラスで外気浴ならぬ海気浴。
ととのうというより、最早何でしょう、この地球と一体となる感じw 最高です!

この日は都合、以下4セット。

・STONE7分⇒SNOW2分⇒休憩3分
・HEALING7分⇒SNOW2分⇒休憩3分
・PANORAMA7分⇒SNOW2分⇒休憩3分
・SAUNA12分⇒COOL BATH1.5分⇒富士テラスで海気浴5分

最期は名残を惜しむようにインフィニティプールをゆっくり泳ぎながら戻り、滝シャワーで流して4F SPAフロアを後にしました。

 

THERMAL SPA S.WAVE:3F ONSENフロア

SPAフロアを存分に満喫した後は3FのONSENフロアへ。
まずはSPAフロアでの汗を流しつつ全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
湯船には海の傍という事も有り、成分総計32,938㎎/㎏と温泉規定値約33倍の特濃ナトリウム・カルシウムー塩化物泉が滔々と満ちています。湯口の湯を掌に掬って一舐めしてみると塩味はそれほど強くなく、にがりのような滋味深い風味があります。
※飲泉ではない為、決しておススメはしませんが、温泉の味覚確認は自己責任で。

内湯で軽く温まったところで露天風呂へ移動。長さ8.5mの露天風呂からは太平洋が一望出来ます。カルシウム、塩化物共保温効果の高い湯で良く温まります。

茹っては外気浴を繰り返し、最後は手桶に汲んだ源泉を頭から数杯被り、源泉で絞ったタオルで全身を拭き上げ、保温源泉を全身にコーティングしてから上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナ、心地よい岩盤浴をありが湯ございました。
THERMAL SPA S.WAVEは、現在、大磯プリンスホテルへの宿泊、もしくは日帰りランチかディナーとのセットでの予約のみです。ご希望の際は公式HPよりどうぞ♪

※サウナ室、浴室内は撮影不可の為、施設にご了承の上、公式HP他画像データより拝借しております。

ウェルビー福岡店(男性専用)|祇園|湯活レポート(サウナ編)vol94

www.wellbe.co.jp

【所在地】福岡市博多区祇園町8-12 ロータリー大和ビル2F

Google マップ

【入浴日】2022/6/15

ウェルビー福岡店

この日は実家のある福岡に帰省した折に念願の「ウェルビー福岡店」さんへ。
この日は梅雨の曇り空でしたが、空の上は青空全開ですw
※今回ピーチで帰省しましたが、今、平日LCCだと東京⇒福岡1万円しないんですね!

福岡に到着すると日頃の行いが良いのか、すっかり晴天でした。
さて、ウェルビー福岡店さんへの最寄駅は、福岡市営地下鉄 祇園駅。 駅構内の案内板にも記載があり、一番近い出口はどうやら3番出口の模様。

3番出口の階段を上ったら、そのまま国体道路を直進。

その先、祇園町西交差点を右折。

交差点を曲がるとすぐ、ウェルビー福岡店さんの外観が見えます。

駅から徒歩5分程でウェルビー福岡店さん到着。

受付は階段を上がった2Fですが、踊り場に大きな水鉢があり金魚が泳いでいます。

それでは受付を済ませて、いざ浴場へ参ります。
途中エントランスにはサウナ関連グッズ等が売られているコーナーがあります。

コチラはサウナ専門施設なので、アメニティが豊富です。
ナイロンタオル、髭剃り、シェービングフォーム、ヘッドマッサージャー。
まずは各種ツールで全身お清めを済ませ、早速サウナへライド温♨
※ウェルビー福岡店さんはサウナに特化されており、お風呂はありません。

ウェルビー福岡店さんのサウナは3つ。いつも通り温度の低い方から順に巡ります。
1セット目はからふろ。茶室のように狭い間口からにじり入ると、床の琉球畳まで黒く塗られた漆黒の空間で、この日のコンディションは70℃。完全なる瞑想空間。

1セット目のクールダウンはアイスサウナへ。コチラの室温はー25℃‼
室内はパリッパリに凍てついて本物の毛皮が飾られており、気分は南極www
※写真はウェルビー栄の物で水風呂が付いていますが、福岡店は水風呂はありません。

浴室内の岩山ゾーンで暫し休憩し、2セット目は水風呂と合体したユニットサウナへ。
コチラはセルフロウリュ可能で、この日のコンディションは82℃。
セルフロウリュで体感温度と湿度を調整しつつ、じっくり発汗出来る仕様です。
2セット目発汗後は、一旦表で汗を流し、再びユニットサウナ内の弱冷水風呂へ。
サウナ室内にあるので、温められてせいぜい常温程度かと思いきや水温14℃!
むしろ通常なら強冷水風呂レベルのキンキン度ですが、出ている頭だけは熱いですw

3セット目はメインのフィンランドサウナ。
正面にツインのストーブを配し、ストーブ上の巨大な鉄板上にサウナストーンが山積みにされています。この日のコンディションは94℃でしっかり熱々です。

3セット目のクールダウンは意を決して強冷水風呂へ。こちらは水温4℃‼
シングル*1水風呂で7~9℃は時折見掛けますが、4℃は群を抜いています。浸かると足先からジーンと痺れて来て30秒が精いっぱいですw

2セット目、3セット目の休憩は洗い場奥にある「ととのいスペース」へ。
洗い場との間は壁と白樺と乾燥ヴィヒタで仕切られ、天井には蔦の絡まるステンドグラス。リクライニングチェアとスツールが置かれ、静かにととのう事が出来ます。
この日は以下3セットを堪能させて頂きました。

・からふろ7分⇒アイスサウナ1分⇒岩山ゾーンでの休憩3分
・ユニットサウナ10分⇒弱冷水風呂1分⇒ととのいスペースでの休憩3分
・フィンランドサウナ12分⇒強冷水風呂0.5分⇒ととのいスペースでの休憩5分

最期は熱めのシャワーで全身を軽く流して上がりました。

 

湯上り後、館内を暫し見学。
コチラは休憩&コワーキングスペース「cafe&work RAUHA」。
中央に見えるサウナストーブ上の物の中の石に見えるのはクッションですw

コチラはレストラン。推しメニューはベトコンラーメンとの事。

ちょっぴり惹かれましたが、この日は館外でサ飯を頂く事にし、ウェルビー福岡店さんを後にしました。

 

サ飯

さて、サ飯*2はどうしましょ?という事で付近をぶら~り。
祇園町西交差点手前には、博多うどんの名店「かろのうろん」もありますが、、、

やっぱりココは豚骨チャージという事で、「長浜ラーメン ナンバーワン」さんへ。

nagahama-no1.com

博多ラーメンの中でも有名店なので、芸能人のサインもズラリ。

この日頼んだのは、高菜ラーメン(堅麺)に半餃子。
最近は都内近郊でも美味しい博多ラーメンを食べられるようになりましたが、改めてこうして食べてみるとやっぱり一味違うっちゃんね。 水かもしれんね。

本日も良い湯、良きサウナ、美味しいラーメンをありが湯ございました。
博多方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設にご了承を得て公式HPより拝借しております。
※コチラはその他のウェルビーグループの入浴レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:10℃未満の一桁の水温

*2:サウナ後のご飯

パーソナルサウナ 空KUU|表参道|湯活レポート(サウナ編)vol93

sauna-kuu.com

【所在地】東京都港区北青山3-9-2 AQUAビル1F

Google マップ

【入浴日】2022/5/25

 

この日は2022/5/20 OPENした「パーソナルサウナ 空KUU」さんへ。
パーソナルサウナ 空KUUさんへは、東京メトロ半蔵門線と千代田線が乗り入れる表参道駅からA1出口を出て、表参道を直進し、一つ目のCOACHの先の交差点を左折。

その先ロハス通りを進み、今度はクレヨンハウスの先をもう一度左折。

駅から徒歩2分程でパーソナルサウナ 空KUUさん到着。

木の重厚な入口扉の左手のオーロラビジョンではパーソナルサウナ空KOOさんの映像が流されています。暫し眺めつつ、火、石、水の映像を撮影。

中に入るとウォーターウォールのあるお洒落なエントランス。

それでは受付を済ませてパーソナルサウナルームへ参ります。
この日通されたのは、パーソナルルームNo.7。正面がととのいチェアw
ココからは貸切の個室サウナの為、施設にご了承を得て撮影させて頂いたパーソナルサウナルーム内の写真も交えてレポートを進めさせて頂きます。

ドレッサーには女優ミラー、足元にはサウナストーンを模したオブジェ。
ロウリュの蒸気のように見えますが、コチラはどうやら加湿器替わりのよう。

貸切時間は70分の為、手早く準備を済ませ、バスエリアへ。

まずはシャワーブースで全身お清め。

お清めも済んだところで早速サウナ室へライド温🔥
プライベートサウナ空KUUさんのサウナはケージに収められたサウナストーブにサウナストーンが積まれたフィンランドサウナ。

この日の室温は97℃。フィンランドサウナジャパン製の室温計もお洒落です。

勿論セルフロウリュ可能で、用意された桶の水にこの日2種類のアロマからチョイスしたマインドフルネスのアロマオイルをマリアージュ。

ロウリュはケージの表のロウリュ注ぎ口へ。コンパクトなサウナ室故、ロウリュすると高温蒸気が一気にブワッと頭上から降り注ぎます。

コチラはHOTTERS24で採用されたものと同じスタイルですね。

yukatsu.hatenablog.com

発汗後はバスエリアの壺水風呂へ。こちらは水温17℃。
個室サウナではセルフで溜める所が主流ですが、限られた時間制の為、予め7分程溜めてあるのは嬉しいですね。後は体格によりますが、不足分はカランから水足し。
自分だけの貸切水風呂なので、自分のペースでゆったり浸かれるのが嬉しいですね。

クールダウン後は、ととのい椅子で空調の冷風を浴びて暫し陶然。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒壺水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒壺水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒壺水風呂1.5分⇒休憩5分

ラストは熱めのシャワーで汗を流しつつしっかり温まり直して上がりました。

 

本日も良きサウナをありが湯ございました。
パーソナルサウナ 空KUUさんは、事前予約制のパーソナルサウナの為、ご興味のある方は、是非公式HPよりご予約の上、お出掛けしてみて下さい♪

yksi SAUNA&STAY|新宿|湯活レポート(サウナ編)vol92

yksi-ss.com

【所在地】東京都新宿区西新宿7-16-2 2F

Google マップ

【入浴日】2022/5/15

yksi SAUNA&STAY

この日は新しくオープンした個室サウナ「yksi SAUNA&STAY」さん初訪問。
yksi SAUNA&STAYさんへは、新宿駅D5出口を出て正面の小滝橋通りを右手方向へ。
ちなみに新宿は大きなターミナルですが、D5出口は都営大江戸線の先です。

一つ目の信号で左折し、正面のY字路は右手方向へ進みます。

焼肉バズーカーが見えたら右折し、その先一本目を左折。

D5出口からなら徒歩4分程でyksi SAUNAさん到着。

入口にはWELCOMEの文字が、思わずペコリと頭を垂れますw

さて、1Fはyksi STAYさんの宿泊者用フロント、yksi SAUNAさんの受付は2Fです。

それでは早速受付を済ませてサウナ室へ参ります。


yksi SAUNAさんのサウナは1人用のSINGLE ROOMと2人用のGROUP ROOM。
この日はおひとりさまの為、MENS用のSINGLE ROOM No.5へ。
最近個室サウナでは多いですが、こちらもカードキーで入室するスタイル。

中はPOPで明るいイメージ。
右手はユニットバスで左手がサウナ室です。

まずはユニットバスのシャワーで全身お清めを済ませ、早速サウナへライド温🔥
コチラのサウナはフィンランドHARVIA社製のストーブを使用しており、この日の室温は104℃。コンパクトな室内は、室温計以上に濃密な熱気に満たされています。

アロマ水が用意されており、勿論セルフロウリュ可。
ロウリュを立てるとフワリと白樺系の森の香りに包まれます。

発汗後はユニットバスにセルフで溜める水風呂へ。こちらは水温18℃。
ユニットバスですので、勿論温度は自分好みで調整可。お風呂にも出来ますよ。

クールダウンの後はデッキチェアでサーキュレーターの微風を浴びながら暫し休憩。
この日は都合以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂2分⇒休憩5分

最後は熱めのシャワーで温まりつつ軽く汗を流しピッタリ時間内でRoom5を退出。
個室サウナは沢山出て来ましたが、サウナ室自体はコチラが一番好きかもw

 

なんでんかんでん 西新宿店

tabelog.com

サ飯は「マネーの虎」で有名な川原社長の「なんでんかんでん」を発見し、福岡県出身者の血が騒ぎ豚骨チャージ!選択したメニューはのりラーメン。バリカタ、紅生姜、辛子高菜、ゴマセルフトッピング、かえし少々♪

本日も良きサウナ、豚骨チャージをありが湯ございました。

yksi SAUNA&STAYさんは、事前予約制の個室プライベートサウナですので、ご興味のある方は公式HPよりご予約の上、行ってみて下さい♪

コミュニケーションサウナOOO|東日本橋・馬喰横山|湯活レポート(サウナ編)vol91

ooo-sauna.com

【所在地】東京都中央区東日本橋3-9-2

Google マップ

【入浴日】2022/6/2

アクセス

この日はクラウドファウンディングに応募した「コミュニケーションサウナOOO(オー)」(以下OOO sauna)さんが2022/4月グランドオープンしたとのお知らせを受けましたので早速お邪魔して参りました。

OOO saunaさんの最寄りは、都営浅草線 東日本橋駅、都営新宿線 馬喰横山。
両駅は構内で繋がっていますが、馬喰横山駅改札の近くには地名の由来となった馬のオブジェに2頭立ての馬車のモザイクタイル絵があります。

さて、A3出口を出て、正面の清洲橋通りを右手方向へ進みます。

徒歩1分程で右手にOOO saunaさん。手前のイタリアの国旗が目印です。

それではコチラのエントランスからEVで受付を兼ねた3F「+O+O+O」へ。

フロア構成は、3F飲食スペース「+O+O+O」を挟んで、2Fがサウナフロア「OOO」。4Fがコワーキングスペースで、5~7Fがレンタルオフィススペースとの事。

受付が済んだところで、EVで一つ下の2F「OOO sauna」へ。貸切の個室サウナの為、事前予約時に伝えられた4桁の暗証番号を入口のタブレットに入力して開錠します。

OOO saunaさんには、▢と△2タイプのサウナ室があります。

 

2F『サウナOOO』

この日は事前に予約した△の部屋へ。
コチラも入口のタブレットに事前予約の際に指示される暗証番号を入力して入室。

OOO saunaさんは、個室サウナの中では会員制貸切サウナに近く、小さめの△の部屋でも3名まで利用出来る為、お一人様用個室サウナより広めです。

コチラはドレッサーとロッカー。複数名利用を考慮し、ロッカーも3つ。

まずはいつも通りシャワーブースでお清め。お清め時はハンドシャワー、発汗後水風呂前の汗を流す際はオーベーヘッドシャワーと使い分けられるのも嬉しいですね。

それでは早速サウナ室へライド温🔥
床は和を感じさせる琉球畳にサウナストーン使用の本格的なフィンランドサウナ。

この日の室温は115℃!個室系サウナの中ではトップクラスの熱さです!

勿論セルフロウリュも可能で、ストーブにラドルで水を灌ぐと、コンパクトなサウナ室故、速やかに熱せられた熱雲が頭上から全身に降り注いで来ます。

発汗後は檜玉の浮かぶ壺水風呂へ。こちらは水温16℃。

水面に浮かんだ檜玉が動くにつれ、天井に映った水紋も揺ら揺らと揺らめきます。

クールダウン後はレストスペースで暫しの微睡みタイムw

OOO saunaさんでは、サウナ室からもドリンクの注文が出来ますが、この日はクラウドファウンディングのリターンで入室時にソルティパロマを注文。

グラスの縁に塩が塗られたスノースタイル。シトラス系のドリンクにオレンジ系のアイスキャンディーがぶっ刺さっています。1セット目はほとんどアイスキャンディーが溶けていないので、少し齧りながら塩を舐めつつドリンクを一すすり。2セット目、3セット目と経過するごとにアイスキャンディーが溶けて徐々にスウィーティーに。
この日はドリンクタイムを挟みつつ、以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ10分⇒壺水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒壺水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒壺水風呂1分⇒休憩5分

最後はオーバーヘッドシャワーで軽く温まりつつ、汗を流して上がりました。

 

ちなみにコチラは事前の館内見学会にお邪魔した際、撮影した▢の部屋です。
コチラはMAX6名まで利用可能との事で流石に広めですね。

入口

脱衣スペース

室内

シャワーブース

サウナ室入口(サウナマットにロウリュウ用桶とラドル)

サウナ室内(琉球畳に皆既月食やダイヤモンドリングの日輪を思わせる照明)

室温計

水風呂・ととのいスペース

ドレッサー

 

3F『+O+O+O』

サウナ浴後は3Fの+O+O+O(ととと)でサウナ利用客にサービスドリンク提供有。

この日はサービスドリンクの中からトトトコーラをチョイス。

コチラはクラフトコーラで、色はちょっと淡目、スパイスの香り少し強めでした。
帰りにコチラもクラウドファウンディングのリターンでサウナハットを頂きました。

本日も良きサウナ、美味しいドリンクをありが湯ございました🔥
気になる方は、OOO saunaさんは完全予約制の為、事前に公式HPよりご予約の上、ご利用下さい。少々お高めですが、屋号の通り少人数で申し合わせて割り勘で利用すれば通常の個室サウナ価格に近い価格で利用可能ですよ♪